人権と音楽講座

更新日 2020年03月24日

現在、新型コロナウイルス感染症について、各所で様々な感染拡大防止策が実施されているところですが、その一環として、区では、令和2年(2020年)3月14日(土曜日)の「アメリカ黒人音楽にまつわる救いと暴力~黒人霊歌、ハンマーソングからキング・オブ・ポップまで~」を中止することといたしました。
早々に参加のお申込みをいただいたにもかかわらず、開催中止となりましたことをお詫び申し上げます。

 第三回「アメリカ黒人音楽にまつわる救いと暴力~黒人霊歌、ハンマーソングからキング・オブ・ポップまで~」 

多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

定員を超過したため、申込受付を終了しました。 

ゴスペル、ブルーズ、ジャズ、R&B、ファンク、ヒップホップなど、さまざまなジャンルを持つブラックミュージック。アメリカ黒人の生活や歴史から生まれた文化には、厳しい現実を生き抜いてきた人々の知恵があり、特別な魅力があります。
世代を越えて人々を感動させ、引き付けるブラックミュージックについて学んでみませんか。

講座概要

・日時  2020年3月14日(土曜日) 午後2時から4時まで(午後1時30分開場)

・定員  50人(申込順。定員になり次第締切)  参加無料

・会場  文京シビックセンター 5階 区民会議室A+B

           文京区春日1-16-21

・対象  文京区在住、在勤、在学者

・講師  ウェルズ 恵子氏(立命館大学教授)

※手話通訳・託児サービスが利用できます。(要予約、申込期限・条件あり) 

ちらしはこちら (PDFファイル; 1293KB) 

 

講師  ウェルズ 恵子(WELLS Keiko)氏

ウェルズ先生写真 

立命館大学教授。専門は、アメリカ文学・文化、比較文化、オーラル文化、音楽文化研究。
著書に、『ヴァナキュラー文化と現代社会』(編著)、岩波ジュニア新書『魂をゆさぶる歌に出会う―アメリカ黒人文化のルーツへ』、祥伝社新書『アメリカを歌で知る』、『狼女物語』(編著)[第 1 回亀井俊介賞受賞]、『黒人霊歌は生きている ― 歌詞で読むアメリカ』など。NHKラジオ第二放送「宗教の時間/ ハワイに仏教歌を探して」で2019 年講師。アメリカ音楽の他に、日本の説経節に関する英語論文、アメリカ日系仏教歌研究、おとぎ話研究など、論文多数。

第二回「ヒップホップからみる人種問題」(終了しました。)

多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

定員を超過したため、申込受付を終了しました。 

分かりやすい!面白い‼と評判のアメリカ文学・ポピュラー音楽研究者の講師が、

ヒップホップの歴史や音楽の作り方、ラップの詞について熱く語ります。

また、ラップの歌詞を読み解き、人種問題との関わりなど、楽曲とともに解説します。

講座概要

・日時  2020年1月24日(金曜日) 午後6時30分から8時30分まで(午後6時開場)

・定員  50人(申込順。定員になり次第締切)  参加無料

・会場  文京シビックセンター 5階 区民会議室C

           文京区春日1-16-21

・対象  文京区在住、在勤、在学者

・講師  大和田俊之氏(慶應義塾大学教授)

※手話通訳・託児サービスが利用できます。(要予約、申込期限・条件あり) 

ちらしはこちら (PDFファイル; 1120KB)

講師  大和田 俊之 氏

 koushigazou

慶應義塾大学教授。専門はアメリカ文学、ポピュラー音楽研究。

『アメリカ音楽史』(講談社)で第33回サントリー学芸賞受賞。

他に、長谷川町蔵との共著『文化系のためのヒップホップ入門1、2、3』(アルテスパブリッシング)、

栗原裕一郎編著『村上春樹の100曲』(立東舎)、

磯部涼、吉田雅史との共著『ラップは何を映しているのか』(毎日新聞出版)、

細川周平編著『民謡からみた世界音楽』(ミネルヴァ書房)などがある。

第一回「青島広志の音楽から人権を考えてみよう!」【終了しました】

 第一回「青島広志の音楽から人権を考えてみよう!」は終了しました。

テレビ番組「題名のない音楽会」「世界一受けたい授業」などでおなじみの青島広志氏を迎え、音楽と人権をテーマに楽しいお話をまじえたコンサートを開催します。

日時

2019年7月11日(木曜日)午後6時30分開演 /午後6時開場(講演時間 約1時間30分 途中休憩あり)

会場

文京シビックホール小ホール

出演

青島広志氏(お話・ピアノ)

青島氏の写真

横山美奈氏(ソプラノ)

横山氏の写真

小野勉氏(テノール)

小野氏の写真 

曲目

 

オペラ「椿姫」(ヴェルディ)より “乾杯の歌” “ああ、それはあの人だったのか” “花から花”

オペラ「蝶々夫人」(プッチーニ)より “ある晴れた日に”

うみ(井上武士/文部省唱歌)

夏の宵月(平井康三郎)

オールド・ブラック・ジョー(フォスター)

甘い夢、古いフランスの歌(チャイコフスキー)

エリーゼのために(ベートーヴェン)

シチリアーノ(パラディス)

村の船頭さん(河村光陽)

予言の鳥(R.シューマン)

すみれ(C.シューマン)

オペラ「トロヴァトーレ」(ヴェルディ)より “炎は燃えて”

ほたるこい(わらべうた)

オペラ「リタ」(ドニゼッティ)より “私は楽しい”

※曲目曲順を変更する場合がございます。予めご了承ください 。

対象及び定員

文京区在住・在勤・在学者300人(申込順)

申込方法

4月25日(木曜日)から申込みを開始します。 

6月20日(木曜日)までに、電子申請又は往復はがきでお申込みください。

電子申請で申し込む

電子申請はこちらから(外部ブラウザが開きます)

 お申込み後に受付確認のメールが届きます。 

 ※お1人ずつ申込みが必要です。

往復はがきで申し込む

往復はがきに1.から6.までを明記して下記担当宛に送付してください。

  1. 青島広志コンサート申込み
  2. 代表者の住所
  3. 参加者の氏名(2人まで)
  4. 文京区在住・在学・在勤のいずれに当たるか
  5. 日中連絡が取れる電話番号
  6. 手話サービスを利用する場合は、手話サービス希望 
託児サービス

利用を希望される方は、6月20日(木曜日)午後5時までにお電話にてお申込みください。

(定員あり、申込順対象1歳~就学前児)

 

詳細はチラシ(PDFファイル; 1506KB)でご確認ください。 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

総務課ダイバーシティ推進担当

電話番号:03-5803-1187

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.