文京区議会
文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 産業振興協働
  • 区政情報
ホーム>文京区議会>区議会関係例規集>審理、喚問、聴問等に出頭した者及び公聴会に参加した者の費用弁償に関する条例
 
 

審理、喚問、聴問等に出頭した者及び公聴会に参加した者の費用弁償に関する条例

更新日 2016年01月20日
審理、喚問、聴問等に出頭した者及び公聴会に参加した者の費用弁償に関する条例

(昭和五十年三月二十二日 条例第三十四号)

改正 平成十四年十二月六日 条例第三十八号

改正 平成十八年三月九日 条例第九号

改正 平成二十二年六月二十一日 条例第十八号

改正 平成二十二年十二月十日 条例第三十三号

改正 平成二十五年六月十三日 条例第二十四号

改正 平成二十六年六月二十五日 条例第十一号

東京都文京区議会・選挙管理委員会又は監査委員の調査のため出頭する者及び公聴会に参加する者の実費弁償条例(昭和三十一年十二月文京区条例第二十号)の全部を改正する。
(目的)
第一条 この条例は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百七条等の規定に基づき、審理、喚問、聴問等に出頭した者並びに公聴会に参加した者(以下「参考人等」という。)に支給する費用弁償について、必要な事項を定めることを目的とする。
(参考人等の範囲)
第二条 前条に規定する参考人等とは、次の各号に掲げる者をいう。
一 地方自治法第七十四条の三第三項の規定により出頭した関係人、同法第百条第一項後段の規定により出頭した選挙人その他の関係人、同法第百十五条の二第二項(同法第百九条第五項において準用する場合を含む。)の規定により出頭した参考人、同法第百九十九条第八項の規定により出頭した関係人及び同法第百十五条の二第一項(同法第百九条第五項において準用する場合を含む。)の規定による公聴会に参加した者
二 公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第二百十二条の規定により文京区選挙管理委員会が出頭を求めた選挙人その他の関係人
三 行政不服審査法(昭和三十七年法律第百六十号)第二十七条の規定により区長が出頭を求めた参考人又は鑑定人
(費用弁償)
第三条 参考人等が審理、喚問、聴問等に出頭し、又は公聴会に参加したときは、その費用を弁償する。ただし、区から給料を受ける職にある者で、その職務に関連して参考人等となった場合においては、支給しない。
2 費用弁償の種類は、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、旅行雑費、宿泊料及び食卓料の七種とし、その額は、次の各号のとおりとする。
一 特別区の存する区域内の旅費の費用弁償の額は、一日につき三、〇〇〇円とする。
二 前号以外の場合における旅費の費用弁償の額は、職員の旅費に関する条例(昭和三十四年七月文京区条例第三十号。以下「旅費条例」という。)中六級の職務にある者相当額とする。ただし、その額が三、〇〇〇円に満たないときは、三、〇〇〇円とする。
3 費用弁償の支給方法は、旅費条例の適用を受ける職員の例による。ただし、旅行雑費の減額に関する規定は、適用しない。
(その他の実費)
第四条 前条に定めるもののほか、鑑定料その他特に必要な経費は、その実費を弁償することができる。

付則
この条例は、公布の日から施行する。

付則(平成二十六年六月二十五日 条例第十一号)

この条例は、平成二十六年七月一日から施行する。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター23階南側

区議会事務局庶務係

電話番号:03-5803-1312

FAX:03-5803-1370

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.