文京区議会
文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 産業振興協働
  • 区政情報
ホーム>文京区議会>区議会会議録>平成26年11月定例議会会議録>総務区民委員会会議録(平成26年11月27日)

総務区民委員会会議録(平成26年11月27日)

更新日 2015年04月27日

総務区民委員会会議録 

1 開会年月日

平成26年11月27日(木曜日)

2 開会場所

第一委員会室

3 出席委員(8名)

委員長  品田ひでこ
副委員長 田中和子
理事   山本一仁
理事   萬立幹夫
理事   橋本直和
理事   松丸昌史
委員   金子てるよし
委員   岡崎義顕

4 欠席委員

なし

5 委員外議員

議長 渡辺雅史

6 出席説明員

成澤廣修 区長
瀧康弘  副区長
原口洋志 教育長
佐藤正子 企画政策部長
渡部敏明 総務部長
林顕一  総務部参事総務課長事務取扱
竹越淳  企画課長
井内雅妃 政策研究担当課長
大川秀樹 財政課長
加藤裕一 広報課長
淺川道秀 選挙管理委員会事務局長

7 事務局職員

事務局長 吉岡利行
議会主査 古内克哉
主事   間仲俊介

8 本日の付議事件

(1) 付託議案審査
 議案第62号 平成26年度文京区一般会計補正予算
(2) その他
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

午後4時38分 開会


品田委員長 それでは、ただいまより総務区民委員会を開会いたします。

委員等の出席状況ですが、委員は全員出席でございます。理事者は、区長を始め関係理事者の出席をいただいています。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


品田委員長 次に、理事会について、必要に応じ協議して開催することといたしたいと思いますが、よろしいでしょうか。

(「はい」と言う人あり)

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


品田委員長 次に、本日の委員会運営についてお諮りいたします。

付託議案審査が1件、その他として、本会議での委員会報告について、委員会記録について、そして閉会の運びにしたいと思いますが、本日の委員会運営は、これでよろしいでしょうか。

(「はい」と言う人あり)


品田委員長 ありがとうございます。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


品田委員長 それでは、付託議案審査1件に入ります。

議案第62号、平成26年度文京区一般会計補正予算に入ります。

説明及び質疑については、歳入歳出一括で行います。

それでは、提案理由の説明をお願いいたします。

大川財政課長。


大川財政課長 それでは、補正予算について御説明申し上げます。

議案第62号は、平成26年度文京区一般会計補正予算で、本年度第5回の補正でございます。

内容は、本年12月14日に執行する衆議院議員選挙に要する経費でございます。5ページの予算総則を御覧ください。

予算総則を読み上げさせていただきます。

平成26年度文京区一般会計補正予算。平成26年度文京区の一般会計補正予算は、次に定めるところによる。

第1条 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ9,978万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ798億1,037万7,000円と定める。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出補正予算」による。

以上でございます。

内容につきましては、事項別明細書により御説明申し上げます。恐れ入りますが、14ページをお開きください。

初めに歳入でございます。14款都支出金、3項都委託金、1目総務費委託金9,978万2,000円、衆議院議員選挙委託金の計上でございます。

続きまして歳出でございます。恐れ入りますが、18ページまでお進みください。2款総務費、5項選挙費、4目衆議院議員選挙費9,978万2,000円、衆議院議員選挙に要する経費で、投票所、開票所のほか、必要な経費を計上しております。

説明は以上でございます。よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。


品田委員長 ありがとうございます。

それでは質疑に入ります。御質問のある方は挙手をお願いいたします。お一人だけでよろしいですか。お二人。

金子委員。


金子委員 まず、急な選挙でありますけれども、執行に当たる皆さんは、本当に御苦労さまです。

私からは、区報の配布というのが、選挙執行計画の中の啓発事業に盛り込まれていまして、12月2日の発行予定ということになっております。公示日が12月2日ということですから、その日に発行されるという計画になっているわけですね。やはり、大切な選挙権ですから、選挙に行っていただく。そのための啓発活動の一環ということで、臨時に発行される区報ですから、きちっと区民の皆さんのところに、有権者の皆さんのところに届けていくということが大事だというふうに思うわけです。これは、従来どおり町会の皆さん等にお願いして届けるということになるのかどうか、届ける体制などについてお伺いしたいというのが1点です。

それから、選挙公報のほうも同じ趣旨であります。ただ、選挙公報のほうは、やはり選挙の投票の際の重要な情報媒体ということで重視されていますし、それから数回前の選挙からですか、全戸配布の方法によって届けるということになっています。選挙執行計画を見ますと、世帯数が11万2,364世帯ということですから、ほぼこれに相当する枚数を発行して、届ける計画になっているんだと思うんですけれども、これも、配布日を見ますと12月5日から8日までの予定というふうになっています。是非これは、遅くともきっちり8日までには、期日との関係で届け切るという構えが必要になってくると思います。以前、なかなかちょっと遅れているというような実態も、この委員会等で指摘させていただいていますけれども、そのところは、今回どのような体制になって進められていくのか、その点を答弁いただきたいと思います。


品田委員長 淺川選挙管理委員会事務局長。


淺川選挙管理委員会事務局長 まず、「区報ぶんきょう」につきましては、全戸配布というような形ではなくて、新聞折り込み等で配布させていただく形を採りたいというふうに考えてございますので、ちょっと方法は異なるということになります。

選挙公報につきましては、12月5日から8日ということで、幅を持たせていただいております。公職選挙法上では、投票日の3日前までにというふうになっていますので、8日でも、十分投票日の前にはお届けするという予定になっております。実は、今回の選挙公報につきましては、文京区で発行するというわけでなくて、東京都を通じて発行します。その関係上、急な選挙ということもありますので、東京都からの納入について若干余裕を持たせてほしいということで、そうしたところから計算して、幅を持たせて12月5日から8日までの配布期間でございます。納入しましたら、2日程度でほぼ配り終わるんですけれども、これも、今は予定でございますから、幅を持たさせていただいているというのが現状でございます。


品田委員長 加藤広報課長。


加藤広報課長 補足させていただきます。

区報の特集号につきましては、12月2日に新聞折り込みという形になりますが、12月10日の通常号の区報、こちらは全戸に町会等で配布をお願いしております。こちらの中で、時期的には相前後しますけれども、新聞折り込みをしているので御覧ください、あるいは地域活動センター、図書館等でも特集号については配架しておりますので御覧くださいということで、12月10日号の区報でフォローというか、12月2日の特集号を見てくださいというような記事を掲載する予定でございます。


品田委員長 金子委員。


金子委員 概略は分かりました。やはり貴重な投票権ということで、大事な情報を伝えていくということで、御努力いただいているというのは分かりました。

念のためちょっと確認ですが、新聞折り込みというのは、例えば主要5紙には入れるということになるんですか。部数等も分かっていると思いますので、一応お聞かせいただきたいというふうに思います。

それから、広報の配布体制、計画については分かりました。

選挙執行計画では、駅や郵便局での配布は、あくまでも補完ということですから、全戸配布のほうが主要なというか、これで基本的には伝えていく、お届けしていくというのが中心になるというふうに思います。2日程度で完了していくというところは、きちっと完了していくということも、選挙管理委員会のほうで見届ける、把握していただく。どの程度まで配布が進んでいるのかというのは、1日目、2日目ということで追い掛けていっていただくということだというふうに思うんですが、そういうことでいいのかどうか。この点を、もう一点お聞きしておきたいと思います。


品田委員長 淺川選挙管理委員会事務局長。


淺川選挙管理委員会事務局長 まず、新聞折り込みに関しましては、主要5紙は当然ながらさせていただく予定でございます。

先ほどの全戸配布のことについてでございますけれども、新聞の専売所の方にお願いしている全戸配布なものですから、本日もその辺を十分に協議させていただいております。お話の中で、2日間で何とか配り終えたいというふうにおっしゃっていただいておりますが、ただ、配布漏れ等があっては困りますので、そうした部分で、先ほどと同じように幅を持たせていただいているという状況でございます。


品田委員長 金子委員。


金子委員 分かりました。是非その点については、再度ですけれども点検を皆さんのほうからしていっていただきたいというふうに思います。よろしくお願いします。


品田委員長 萬立委員。


萬立委員 急な選挙ということで、開票所、投票所その他を確保するのが、なかなか大変だったというお話を伺って、御苦労されていると思います。

選挙執行計画の概要を見てみますと、投票所について言うと、変更があったのは目白台保育園が新設されたこと、大原地域活動センターが新しいところに移ったということですが、一つ伺ったのは、柳町小学校投票所で当日青空バザールが行われる。これは動かさないで、並行してやられるということをお聞きしているんですが、従来、大勢の方が集まって、それがお互いにその効果が相乗的になっていくということがあれば、非常に良いと思うんですけれども、今、プレハブ校舎の建築をされていることとの関係でも、従来使われていた投票所の入口が変更になって、正門になると伺いました。正門近くにあるバザーのブースに少し加減していただいて、入りやすくしていただくというふうに、配慮と相談をされているというふうに聞いたんですが、一つは入口が違いますということのお知らせを、どのようにきちんと周知するのか。

それと、人が確かに多いわけですから、迷ってしまう方々もいると思うんです。ですから、そのことをどう徹底するか。これは、何か予算化をどこかでしているのかどうなのか。

それと、車を使って来る方が当然いますね。そういう方々は、通行止めエリアの外で停まって歩いて来られるのか、雑踏の中を歩いて来られるのかが二つ目の質問。

それと、正門を使うとなると、横に車椅子も入れるようなスロープが作られていますから活用されればいいと思うんですが、校内のバリアフリーの関係があると思います。この3点目について、どのように考えて必要な予算化をしているのか、それともしていないのか伺います。


品田委員長 淺川選挙管理委員会事務局長。


淺川選挙管理委員会事務局長 委員の言われたとおり、柳町小学校のほうでは、この度そうした事業が入っておりまして、遅れてこちらのほうが柳町小学校を使わせていただく。また、入口も今まで校庭側からというところを、正門側からというふうに変えさせていただきました。その旨につきましては、今回の特集号でも御周知させていただくとともに、はがきには地図がありまして、そうした旨を注意喚起するような文言を入れまして、御案内する予定ではございます。

車を使って来られるような方につきましては、校門側の道のほうが、フリースペースになっているところもあるというふうに聞いております。その辺は、まだちょっと詰め切れていないところもありますが、対応していきたいと思います。特に車椅子等で来られる方など、どうしても車でないと来られないような方もいらっしゃると思いますので、そこは当然ながら対応していきたいと思っております。

校内のスロープについては、中にスロープがあるというふうに実際に確認しておりますし、もし段差等がありましたら、これは当然ながら、選挙管理委員会のほうでスロープを作成して行っていくということでございます。

ほかにも、投票所に人を多少多く配置するなどして、対応していきたいと思っております。こうしたことを留意した上で、柳町小学校を今回は使わせていただきたいというふうに考えてございます。


萬立委員 順当に手を打っていただけていること、お疲れさまでございます。

もし車で来た場合の話で、フリースペースというのがよく分からないんですが。文具屋さんのほうの通りから正門の前に来るとなると、一方通行で来るしかないわけで。いや、足が悪い方がいますでしょう。正門に近いところに、車は入れないと思うんだけれども、そうした場合の相談もされているんですか。


品田委員長 淺川選挙管理委員会事務局長。


淺川選挙管理委員会事務局長 ちょっとそういったところの情報の錯綜(さくそう)がありまして、実はこれから、投票所につきましては打合せ等を行っていくところであります。フリースペースというのは、ごめんなさい、屋台とかが出ていなかったり、そういう場所があるというふうに聞いておりまして、全面を使うというふうには聞いておりませんでしたので、そうしたところで車から降りることができるのかというふうに思って申した次第でございます。基本的には、投票所にはお車での来場は御遠慮いただきたい、駐車場がないということでお願いしたいと思ってございます。


品田委員長 よろしいですか。ほかに御質疑ある方、大丈夫ですか。

(発言する人なし)


品田委員長 それでは、質疑を終わらせていただきます。

態度表明に入ります。

それでは、議案第62号、平成26年度文京区一般会計補正予算の賛成、反対をお願いいたします。

改革からお願いします。


山本委員 改革ぶんきょう、議案第62号賛成します。


品田委員長 自民党。


橋本委員 自民党も、議案第62号賛成します。


品田委員長 公明党。


松丸委員 公明党も、議案第62号賛成いたします。


品田委員長 日本共産党。


金子委員 日本共産党、議案第62号賛成いたします。


品田委員長 市民の広場。


田中(和)副委員長 市民の広場も、議案第62号賛成いたします。


品田委員長 賛成が7、反対がゼロ。審査結果は原案可決といたします。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


品田委員長 それでは、その他に入ります。

本会議での委員会報告についてです。

文案作成については、委員長に御一任をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

(「はい」と言う人あり)


品田委員長 委員会記録についても委員長に御一任をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

(「はい」と言う人あり)

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


品田委員長 それでは、総務区民委員会を閉会いたします。


午後4時55分 閉会

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター23階南側

区議会事務局議事調査担当

電話番号:03-5803-1313~4

FAX:03-5803-1370

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.