文京区議会
文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 産業振興協働
  • 区政情報
ホーム>文京区議会>区議会会議録>平成26年11月定例議会会議録>文教委員会会議録(平成26年12月11日)

文教委員会会議録(平成26年12月11日)

更新日 2015年04月30日

文教委員会会議録 

1 開会年月日

平成26年12月11日(木曜日)

2 開会場所

第一委員会室

3 出席委員(8名)

委員長  田中としかね
副委員長 板倉美千代
理事   松下純子
理事   西村修
理事   田中香澄
理事   名取顕一
理事   浅田保雄
委員   海津敦子

4 欠席委員

なし

5 委員外議員

議長  渡辺雅史
副議長 岡崎義顕

6 出席説明員

成澤廣修  区長
瀧康弘   副区長
原口洋志  教育長
佐藤正子  企画政策部長
渡部敏明  総務部長
林顕一   総務部参事総務課長事務取扱
田中芳夫  教育推進部長
竹越淳   企画課長
井内雅妃  政策研究担当課長
大川秀樹  財政課長
加藤裕一  広報課長
辻政博   職員課長
内野陽   庶務課長
北島陽彦  教育指導課長

7 事務局職員

事務局長 吉岡利行
議会主査 福田洋司
主事   間仲俊介

8 本日の付議事件

(1) 付託議案審査
 1)議案第67号 幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
(2) その他
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

午後3時22分 開会



田中(としかね)委員長 それでは、全員おそろいのようですので、ただいまより文教委員会を開会いたします。

委員等の出席状況ですけれども、委員の皆さんは全員御出席、理事者におかれましては、区長を始め、関係理事者に御出席をお願いしております。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 



田中(としかね)委員長 理事会についてですけれども、必要に応じ協議して開催したいと思いますけれども、よろしいでしょうか。

(「はい」と言う人あり)

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 



田中(としかね)委員長 それでは、本日の委員会運営につきまして、付託議案審査が1件、その他としまして、本会議での委員会報告について、委員会記録について、閉会、以上の運びによりまして、文教委員会を開会したいと思います。よろしいでしょうか。

(「はい」と言う人あり)

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 



田中(としかね)委員長 それでは、付託議案審査1件。

議案第67号、幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明をお願いいたします。

田中教育推進部長。



田中教育推進部長 ただいま議題とされました、議案第67号、幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由を御説明申し上げます。

本案は、特別区人事委員会の給与に関する勧告に基づき、必要な改正を行うものでございます。

議案集51ページを御覧ください。

本条例の第1条は、公民較差解消のため、月例給と特別給の改正を行うものでございます。第30条の改正は、平成26年12月の勤勉手当の支給月数を年間0.25月引き下げるものでございます。

つづいて、52ページから55ページまでは、別表第1に定める給料表の改正で、給料月額を勧告どおり、平均で0.20%引き上げるものでございます。

次に、56ページを御覧ください。

本条例の第2条は、国等の給与制度との均衡を図るために、地域手当の支給割合等を見直すものでございます。

まず、第13条の改正は、地域手当の支給割合を2%引き上げ、現行の18%を20%とするものでございます。

第23条の改正は、管理職員が災害への対処等、臨時又は緊急の必要により平日の深夜に勤務した場合、管理職員特別勤務手当を支給するための規定を整備するものでございます。

第30条の改正は、本条例の第1条により改正した勤勉手当の支給月数について、平成27年度以降、6月及び12月の支給月数が均等になるよう規定を整備するものでございます。また、地域手当の引き上げ分と同率程度、給料月額の引下げを行うこととし、57ページから60ページまでに記載のとおり、別表第1の給料表を改正するものでございます。

最後に、施行期日等でございます。

本条例の施行期日は、公布の日でございます。ただし、第2条の改正及び付則第7項につきましては、平成27年4月1日から施行いたします。

また、第1条の給料表の改正については、平成26年4月1日から、第1条の勤勉手当の改正については、平成26年12月1日から適用するものでございます。

付則の第3項から第5項まで並びに第7項は、給料表の改定等に伴い、必要に応じ号給の調整を行うことができる旨を、付則の第6項は、今年度既に支給した給与の取扱いをそれぞれ定めるものでございます。

以上、本議案につきまして、よろしく御審議の上、原案どおり御可決くださいますようお願い申し上げます。



田中(としかね)委員長 それでは、御質疑のある方、挙手をお願いいたします。

浅田委員。



浅田委員 今回のこの条例は、給与に関するものなんですけれども、ちょっと事前にお伺いしておけばよかったんですが、教えていただきたいのは、この対象となる幼稚園教育職員の文京区での人数、合計、これが何人になるのかということ。

それから、1級、2級、3級、4級というふうにそれぞれ職務の級で分かれているんですけれども、この対象となる人数が分かればちょっとそれを教えてください。



田中(としかね)委員長 北島教育指導課長。



北島教育指導課長 まず、1点目の対象人数でございますけれども、幼稚園教育職員、今年度は62名でございます。

それから、それぞれの級ごとでございますけれども、まず1級、これは教諭職でございますけれども30名、それから2級、これは主任教諭になりますが14名、次に3級、副園長でございます。これは8名。4級の園長職が10名の合計62名でございます。



田中(としかね)委員長 浅田委員。



浅田委員 級が上がっていくには、それぞれ試験を受けてということになると思うんです。ちょっと気になって、何でこんな質問したかというと、幼稚園もそうなんですが、学校関係者、教員の方が年齢層がどうしても40代後半あるいは50代の方が多くて、教育においても教育現場で熟練した技術というんですか、そうしたものが比較的若い教職員に対してなかなか継承されていないというようなことがマスコミ等で報道されていました。文京区における幼稚園の職員のそうした事例というのは、現状として課題としてあるのか否か、また今後、つまり経験を積んだ方あるいは、どうしても3級、4級の方というのは年齢がやや上になろうかと思いますけれども、そうした方がどのように若い先生に、いわゆる教育の技術を継承していくのかというのが課題になるかと思います。その辺についての文京区の現状について、お願いいたします。



田中(としかね)委員長 北島教育指導課長。



北島教育指導課長 御質問につきまして、まず4級のいわゆる園長職、これは各園に私どもは専任園長を配置しております。副園長につきましても、いわゆる4歳、5歳の単学級園の2園については主任をもって充てておりますけれども、残りの8園には、副園長を管理職として置いております。この2名が中心になって、小・中学校と同様にOJTの組織体制を作っているところです。

平成23年度からは、主任教諭制度が特別区人事・厚生事務組合教育委員会のほうで導入されておりまして、私どものほうでも14名、大体これは全体の20%から25%が主任教諭となっています。ここが、特に若い20代から30代前半の教諭層を実際に保育をする中で指導もしていると、そういった組織体制が各園で確立されてございますので、委員が御心配いただいている内容については、一定の指導体制の下で保っているというふうに認識してございます。



田中(としかね)委員長 海津委員。



海津委員 私のほうから1点お伺いしたいのは、幼保一元化園の柳町こどもの森等で、今回の給与の値上がりによって保育園とどのぐらいの差が出るのか。保育園の例えば、主任職員、幼稚園の主任職員の給与の差ですね、あるのかないのか、あるとすれば幾らぐらいあるのか、一般職員に関すると幾らぐらいの差が今回のことで生じてくるのか、それで、今とどのぐらいの差が生じるのかということをお伺いしたいと思います。



田中(としかね)委員長 辻職員課長。



辻職員課長 そもそも、適用する給料表そのものが幼稚園教諭のほうと、それから保育園の保育士のほうでは、違っておりますので、なかなか比較は難しいというふうに思います。

また、なおかつ平均年齢、そういったところを見てみましても、保育園のほうは今、相当若い保育士が入っておりまして、平均年齢も相当下がっているというふうなところもございますので、なかなか基準一つのベースの中でどちらが高い、安いといったところを比較するのは難しいというふうに思っております。



田中(としかね)委員長 海津委員。



海津委員 同じ経験や年齢と比較してどのぐらいあるのかということがもしお分かりになれば教えていただきたいんです。先にお伺いしておけばよかったことなので、ここでは、そこは深くは掘り下げませんが、できれば、やはりこれから幼保一元化、認定こども園とかいろんなことが進んでいくので、ここに格差がないということが、やはり働く意欲につながることです。そこのところは、やはりきちっと次の決算審査特別委員会までには、どのぐらいの給与の差があるのかないのか、その辺なんかも明らかにしていただきながら、次年度の予算を組んでいって、反映していただきたいと思います。



田中(としかね)委員長 よろしいですか。ほかに御質疑のある方。

板倉副委員長。



板倉副委員長 先ほど、職員の方の人数は62人ということでしたけれども、ここに男性はいますかということ。それと、先ほど職員の給与のところと同じことが幼稚園教育職員のところにも出てくるんですが、管理職員特別勤務手当というのがあって、職員のほうが勤務1回につき6,000円を超えない範囲となっていて、教育職員のほうは1回につき5,000円を超えない範囲というふうになっています。ここに金額の差が出ているんですけれども、それはどういうことなのかということ、その2点。



田中(としかね)委員長 北島教育指導課長。



北島教育指導課長 まず、1点目の男性職員でございますけれども、園長が1名、男性でございます。それから、教諭が3名、男性でございます。うち1名は、今年度の新規採用教員でございます。

2点目につきましては、こちらがそもそも、管理職員特別勤務手当について、通常のところで課長職が1万円と、それから部長職のほうが1万2,000円というふうに定められていて、そこの50%ということを目安に作っておりますので、6,000円、5,000円という違いが出てきているというふうに伺っております。



田中(としかね)委員長 板倉副委員長。



板倉副委員長 災害とか、そういう臨時的なことが起きたときに緊急に対応しなくてはいけないというときに、やる仕事はほとんど変わらない状況なんじゃないかと思いまして、この辺のところの差については、やはり差はなく同じにやるべきではないかなというふうに、私は思ったものですから、お聞きをしました。



田中(としかね)委員長 よろしいですか。

それでは、各会派の態度表明を行いたいと思います。

改革ぶんきょうさん。



松下委員 改革ぶんきょう、議案第67号、賛成いたします。

そして、先ほども議論がありましたけれども、今後、幼保一元化に向かって、そういったことも含め、保育者に対する給与の件に関しては、議会でも議論を深めていく必要を感じました。



田中(としかね)委員長 自民党さん。



名取委員 自民党、賛成です。



田中(としかね)委員長 公明党さん。



田中(香)委員 公明党、議案第67号、賛成です。



田中(としかね)委員長 市民の広場さん。



浅田委員 議案第67号、賛成いたします。



田中(としかね)委員長 至誠無我さん。



西村委員 議案第67号、至誠無我、賛成です。



田中(としかね)委員長 日本共産党さん。



板倉副委員長 わずかではあってもアップをするという点では、良かったというふうに思います。

退職金については、下がった分については調整をするということですから、そこの調整がきっちりとなされるようにやっていただきたい。

ただ、民間の給与が、上がっているというふうに国のほうは言っていますけれども、上がっているという実感はない中で、公務員がこういう形で上がるということでは、民間給与にも是非とも反映できるようにしていただきたいなというふうに思いまして、賛成をします。



田中(としかね)委員長 審査結果を申し上げます。

賛成7、反対ゼロ、したがいまして、原案可決となります。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 



田中(としかね)委員長 その他に入ります。

本会議での委員会報告につきましては、文案作成について、委員長に御一任願いたいと思います。よろしいでしょうか。

(「はい」と言う人あり)



田中(としかね)委員長 委員会記録につきましても、委員長に御一任願いたいと思います。お願いいたします。

(「はい」と言う人あり)

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 



田中(としかね)委員長 それでは、文教委員会を閉会いたします。


午後3時35分 閉会

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター23階南側

区議会事務局議事調査担当

電話番号:03-5803-1313~4

FAX:03-5803-1370

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.