蚊の対策について

更新日 2014年09月10日

蚊は世界中に生息し、ほとんどの種類が吸血性です。吸血するのはメスだけで、オスは草の汁や花の蜜を吸って生きています。
日本の都市部で見られる代表的な蚊は次の3種類です。

ヒトスジシマカ

胸に白い筋があり脚にも白い縞模様のある、一般的にヤブ蚊と言われる蚊です。主に野外に生息し、木陰や草むらに潜んで日中から夕方にかけて吸血します。
ヒトスジシマカ

アカイエカ

薄茶色で体に模様はありません。雨水ます、側溝、水たまりから発生し、主に屋内で夜間に吸血します。

アカイエカ

(出典:東京都福祉保健局)

チカイエカ

見た目はアカイエカとほとんど同じですが、寒さに強く冬にも生息します。ビルやマンションの浄化槽、貯水槽から発生し、ビルの内部や地下街、地下鉄などで見られます。

蚊の予防方法

水たまりをなくす

身の回りに蚊の発生源となるような水たまりはありませんか?蚊は卵から孵化してボウフラになり、約1週間~10日で成虫になります。
まずはボウフラを発生させないよう水たまりをなくしましょう。

水たまりになりやすいもの

  • 植木鉢の受け皿
  • 置きっぱなしのバケツ
  • 空き缶
  • 放置されたタイヤ

雨水枡や側溝に水がたまらないようにする

水がたまったままになった雨水枡や側溝にはボウフラが発生するおそれがあります。バケツで水を流したり、側溝の掃除をするなどして、水が流れるようにしましょう。

 

パンフレット「こんなところが蚊の発生源」(PDFファイル; 5005KB)

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

生活衛生課環境衛生担当

電話番号:03-5803-1227

FAX:03-5803-1386

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.