手足口病

更新日 2015年10月20日

手足口病とは 

手足口病とは、コクサッキーウイルスA10、A16型、エンテロウイルス71(EV71)型、その他、コクサッキーウイルスA10型などが原因の感染症です。乳幼児に多くみられる夏かぜの代表的な病気です。
 
同じコクサッキーウイルスA群の別型(A3、4、5、6、8、10型)等を原因とする感染症に、ヘルパンギーナがあります。 ヘルパンギーナのページへ 

感染経路 

主に接触感染と飛沫感染ですが、糞便にもウイルスが存在するため、手指を介して経口感染も起こります。
解熱後も最大4週間、糞便にウイルスが排出されます。

流行の状況

春から夏にかけて多く、流行のピークは7月ごろです。 以後減少しながら年末まで続きます。

乳幼児(4歳以下)に多く発症します。原因となる病原ウイルスが複数あるので、再発することもあります。

症状

感染して3~5日で発症します。手、足、口の中の粘膜などに2mm~3mm程度の水疱(水ぶくれ)や赤い発疹が現われ、3~7日で消退します。発熱は、約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。
ほとんどの人が数日間で自然に治ります。

治療

発熱、頭痛、口の中のキズの痛みなどそれぞれの症状に対する対症療法が中心です。

合併症

新生児では髄膜炎や脳炎などを起こし、重症化することがあります。
吐き気・けいれん・高熱などの症状があったら、できるだけ早く受診しましょう。

予防

手足口病には、有効なワクチンがありません。ウイルスは、手指を介した接触あるいは飛沫感染をするので、とくにおむつ交換時には十分な注意と手洗いを行ってください。
 

お問合せ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

予防対策課感染症係

電話番号:03-5803-1834

ファックス:03-5803-1355

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.