突発性発疹

更新日 2015年10月16日

突発性発疹とは

ヒトヘルペスウイルス6または7(HHV6またはHHV7)による感染症です。

生後初めての高熱で発症することが多いです。

感染経路

ウイルスは唾液に排泄されることが多く、身近にいる無症状の家族(主に母親)や保育者から唾液を介し飛沫感染、接触感染します。

流行の状況

ヒトヘルペスウイルス6は、生後6か月~24か月の間にかかり、生後12か月までの間が好発年齢です。4歳までにすべての小児が抗体陽性となります。

ヒトヘルペスウイルス7は、初期感染は生後2~4歳で、感染には季節性がなく年間を通して発症します。抗体陽性率は成人までに85%に達します。

症状

ウイルスに感染して約10日後に発症します。38度以上の発熱が3日間ほど続いたあと、解熱とともに発疹が体幹を中心に顔面と手足に出現し、痕を残さず数日で消えます。

発熱のみ、発疹のみが現れる場合もあります。

合併症

頸部や後頭部のリンパ節腫脹、下痢、下気道炎、熱性けいれんなどを合併することがあります。

治療

それぞれの症状に合わせた対症療法が中心です。発熱に伴う脱水には注意しましょう。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

予防対策課感染症係

電話番号:03-5803-1834

FAX:03-5803-1355

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.