百日咳にご注意ください

更新日 2018年08月02日

百日咳は、平成30年1月より国への全数報告疾患となりました。

都内では平成30年6月に入り患者報告数が増加傾向にあり、注意が必要です。

乳児の場合、無呼吸発作など重篤になることがあります。 軽症でも菌の排出はあるため、予防接種をしていない新生児・乳児がいる場合は、特に感染に対する注意が必要です。また、基礎疾患のある方は、症状が重篤になることがあります。

感冒症状、咳がある時は早めに受診しましょう。

 

都民向け情報リーフレット(東京都健康安全研究センター) 

予防

・有効な予防法は予防接種です。定期予防接種の対象者の方で、まだ接種がお済みでない場合は、お早めに接種してください。 

・飛まつ感染予防に、手洗い、うがい、咳エチケットを心がけましょう。  

症状

百日咳は、百日咳菌による呼吸器感染症で、患者の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる細菌によって感染し(飛まつ感染)、一年を通じて子どもを中心に発生がみられます。感染して5日~10日で症状が出現し、症状は3期にわかれます。
1.カタル期(約2週間):かぜ症状(熱、鼻水)で始まり、次第に咳が強くなり咳発作が起こるようになります。この時期が最も感染力が強いです。
2.痙咳期(約2~3週間):短い咳が連続的に起こり、咳の最後に大きく息を吸い込み、痰を出しておさまるという症状を繰り返します。
3.回復期(約2~3週間):激しい咳は徐々におさまりますが、時折、発作性の咳がみられます
カタル期に抗菌薬を投与すれば、5~7日で感染力はなくなります。症状がある場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。 

成人では、咳は長期間続きますが、比較的軽い症状で経過することが多く、受診・診断が遅れることがあります。 

 

症状や治療等については、下記関連リンクもご参照ください。 

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

予防対策課感染症係

電話番号:03-5803-1834

FAX:03-5803-1986

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.