文の京でドンドン・ドイツ語講座

更新日 2019年08月10日

コース紹介(下半期)

10月から、ドイツ語入門講座下半期がスタートします!

今回は、「文法から学ぶドイツ語」と「会話から学ぶドイツ語」の2コースがあり、

どちらか一方でも、両方受講することも可能です。

パトリックさんもミリアムさんも日本語が堪能ですから、

初心者の方も安心して学ぶことができます。

 

また、今回の講座では、ドイツ語だけではなく、ドイツの文化の一面を紹介し、 

皆様の質問にお答します。 

 

 

 「文法から学ぶドイツ語」講座

  担当: シュナイダー パトリック ( 文京区国際交流員 )

 

 

 

 文法から学ぶドイツ語講座(全15回)
日  程

 10月8日・15日、 11月5日・12日・19日・26日 、

 12月10日 、 1月14日・21日・28日 、2月18日・25日

 3月3日・10日 ・17日

曜  日  火曜日

 時  間 

 18時30分から20時30分まで(質問を含めて)

( 当日の状況により多少変動があります。 )

 教  室 

 シビックセンター 3階区民会議室

 

 ※日程等については変更する場合があります。

 ※講師は教員免許を取得しているわけではありません

 

 

 

「会話から学ぶドイツ語 」講座

 担当: グリットナー ミリアム( 公益財団法人日独協会 )

 

 

 

 

会話から学ぶドイツ語講座 ( 全15回 )
日  程

 10月9日・16日・23日 、11月6日・13日・20日、

 12月11日・18日、1月8日・15日・29日、

 2月5日・12日・19日、3月4日

曜  日  水曜日

 時  間 

 18時30分から20時30分まで(質問を含めて)

( 当日の状況により多少変動があります。 )

 教  室 

 シビックセンター 3階区民会議室

 

 ※日程等については変更する場合があります。

 ※講師は教員免許を取得しているわけではありません

 

 

受講概要

対 象 者 : 18歳以上で区内在住・在勤・在学者 

定     員 : 各25人( 超えた場合は抽選 )

受 講 料 : 7,500円( 1 コース全15回分 ) (別途教材費がかかります)

 

 

 

申込方法 

 申込期間 : 令和元年8月10日(土曜日)から同年9月13日(金曜日)まで

 申込方法 : 往復はがき あるいは メール にてご応募ください。 

 

【往復はがき】

 件名を「ドイツ語講座(下半期)申込」とし、 

 (1)希望のコ―ス名(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)

 (3)氏名(ふりがな)(4)生年月日(5)電話番号(6)メールアドレス(7)ドイツ語を学んだ経験の有無を

 返信面にはあて先を明記し、

112-8555文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。

 

                    【メ ー ル】

                     件名を「ドイツ語講座(下半期)申込」とし、

                     本文に、(1)希望のコース名(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名

                     も記載)、(3)氏名(ふりがな)(4)生年月日(5)電話番号(6)メールアドレス(7)ドイツ語を学んだ経験の有無を

                     下記メールアドレスへ送信ください。

              

                     メールアドレス:b-dondon@city.bunkyo.lg.jp 

 ※講座運営に必要な情報をメールにてご連絡することがあります。
 ※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着

 

 

 

受講決定の知らせ 

 ☆受講の決定については、令和元年9月17日(火曜日)以降、往復はがきの返信ないしはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆お支払い方法や教材等については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コース紹介(上半期の講座は終了しました)

4月から、ドイツ人が講師を務めるドイツ語入門講座がスタートします!

会話に重点を置いたレッスンと文法に重点を置いたレッスンの2コースがあり、

どちらか一方でも、両方受講することも可能です。

パトリック先生もミリアム先生も日本語が堪能ですから、初心者の方も安心して学ぶことができます。

また、地元・文京区をテーマや話題に「ドンドン」取り入れて、すぐに使える単語や表現「ドンドン」学べます。

  

 文法中心の講座

 担当: シュナイダー パトリック ( 文京区国際交流員 )

 

  シュナイダー

 

文法中心の講座 ( 全18回 )
日  程

 4月9日・16日・23日 、 5月7日・14日・21日・28日 、

 6月11日・18日・25日 、 7月2日・16日・23日・30日 、

 8月6日・13日 、 9月10日・17日

曜  日  火曜日

 時  間 

 18時30分から20時30分まで

( 当日の状況により多少変動があります )

 教  室 

 シビックセンター 3階区民会議室

 

  ※変更の場合があります

 

 

 会話中心の講座

担当: グリットナー ミリアム( 公益財団法人日独協会 )

 

 グリットナーミリアム先生 

 

会話中心の講座 ( 全18回 )
日  程

 4月10日・17日・24日 、 5月8日・15日・22日・29日 、

 6月12日・19日・26日 、 7月3日・17日・24日・31日 、

 8月7日 、 9月4日・11日・18日

曜  日  水曜日

 時  間 

 18時30分から20時30分まで

( 当日の状況により多少変動があります )

 教  室 

 シビックセンター 3階区民会議室
 

 ※変更の場合があります

 

 

 受講概要

対 象 者 : 18歳以上で区内在住・在勤・在学者 

定     員 : 各25人( 超えた場合は抽選 )

受 講 料 : 9,000円( 1 コース全18回分 ) 

 

 

 申込方法

 申込期間 : 平成31年2月15日(金曜日)から同年3月14日(木曜日)まで

 申込方法 : 往復はがき あるいは メール にてご応募ください。 

 

【往復はがき】

 (1)希望のコース番号(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)

 (3)氏名(ふりがな)(4)生年月日(5)電話番号(6)メールアドレス、返信面にはあて先を

 明記し、〒112-8555文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へ

 ご郵送ください。

 

                    【メ ー ル】

                     件名を「ドイツ語講座(上半期)申込」とし、

                     本文に、(1)希望のコース番号(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名

                     も記載)、(3)氏名(ふりがな)(4)生年月日(5)電話番号(6)メールアドレスを明記し、

                     下記メールアドレスへ送信ください。

              

                     メールアドレス:b-dondon@city.bunkyo.lg.jp 

 ※講座運営に必要な情報をメールにてご連絡することがあります。
 ※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着

 

 受講決定のお知らせ

 ☆受講の決定については、平成31年3月19日(火曜日)以降、往復はがきの返信ないしはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆お支払い方法や教材等については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

スポーツ振興課

オリンピック・パラリンピック推進担当

電話番号:03‐5803‐1309

FAX:03‐5803‐1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.