文の京・ドイツ文化講座

更新日 2019年10月30日

講座概要

スポーツ・音楽・食をはじめとした多様なテーマでドイツの文化を紹介するとともに、

日本とドイツの特徴や違いなどを分かりやすく学べる講座を開設します。

ドイツに深い見識を持つ方々や国際交流員(CIR)を講師とし、

興味関心のある講座に気軽に参加することができます。

 

第8回: 「森鷗外からみたドイツ]

 

森鷗外の作家としての人生は、多くの作品を残した中期、大正時代に入ってからの後期と大きく分けることができます。中期までは現代小説を書いていたのですが、後期からは歴史や史実を題材にした作品を多く書くようになりました。

第8回は文京区にゆかりがあり、軍医としての仕事のかたわら、多くの名作を発表し続けた森鷗外についてお話します。

講座終了後にクリスマスオーナメントを作るワークショップも実施します。

 

講師: 村上祐紀氏(拓殖大学准教授)      

 murakami

 

日   程:令和元年11月30日( 土曜日 ) 

時   間:13時から16時まで

場   所:拓殖大学文京キャンパス(文京区小日向3ー4ー14)

  受講概要 

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:100人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

        

 申込方法

 

申込期間:令和元年11月20日(水曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座(第8回)」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座(第8回)」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

 

  受講決定の知らせ  

 ☆受講の決定については、令和元年11月21日(木曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 

 

第7回: 「ドイツの学校・教育事情」 

 

ドイツの学校には通常、制服、始(終)業式、運動会、掃除当番、部活、夏休みの宿題はありません。一方、州ごとに制度や指導要領が異なり、落第・飛び級、授業科目として「宗教」があること、教員にも生徒と同様長期休み中には在校義務がないなど、日本の学校とは違う点が多くあります。

 

講師は、ドイツで30余年、中等・高等教育の現場で日本とは異なる学校制度や学校カルチャーを体験し、生徒たち・学生たちとの触れ合いから、(制度を知るだけでは見えない)彼らの夢や喜び、悩みを知る機会を得てきました。

 

ドイツの人々にとって学校とはどんな所でしょうか。生徒たちはどんな学校生活を送り、卒業後どんな道を歩むのでしょうか。授業にはどんな特徴があるでしょうか。先生たちはどんな働き方をしているでしょうか。

 

今回は、ドイツの学校や教育の実情についてお話しします。ドイツの人々の人生行路の中で学校や大学がどんな意味を持っているのか、社会的背景や時代の推移も考えながら、ドイツの学校を多面的に捉えます。ドイツの教育制度・教育理念や学校事情を知り、生徒たちや学校に関わる人々の日常を知ると、ドイツがより良く理解できるでしょう。

 

講師: 持田節子氏

専門: 外国語としての日本語教育・異文化コミュニケーション・ドイツ日独事情。

ドイツで32年間教員生活(ギムナジウム正教諭・大学講師)の傍ら、 

日本事情を紹介する講演やビジネスセミナー 講師を務める。日本では、

ドイツ事情・日独事情比較等に関するワークショップや講演生活動を行っている。 

 

 

 

日   程:令和元年11月16日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:文京シビックセンター5階区民会議室

  受講概要 

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:50人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

        

 申込方法

 

申込期間:令和元年11月1日(金曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座(第7回)」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座(第7回)」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

  受講決定の知らせ  

 ☆受講の決定については、令和元年11月5日(火曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 

第6回: 「おいしいドイツー『食』から知るドイツ」   ※募集は終了しました。

「食」というテーマは、ドイツやドイツの人々をよりよく知るために欠かせません。

人々が何を、いつ、どこで、誰とどういうふうに食べたり、飲んだりしているのかを知り、

食文化の地方的特色や歴史的・社会的背景、時代による変遷を探ると、

今のドイツの姿が見えてきます。

 

ドイツの「食」というと、「ビール、ソーセージ、パンや肉料理とジャガイモ」

を思い浮かべる方が多いかもしれません。事実、これらの物はとても美味しいし、

ドイツの食生活において長年日常的な役割を担ってきました。一方、講師は1980年代から

30余年のドイツ生活で、食習慣の移り変わりや「食」の多様化にも居合わせてきました。 

 

今回は、ドイツのおいしい物についてご紹介しながら、伝統的食文化から

最近の「食」のトレンドまで、時代背景や社会状況を捉えつつお話します。

「飲む」ことも忘れてはなりません。ビールに対抗( ?)するワイン文化や

ドイツ人のコーヒー好きの実態についてもご紹介しましょう。

 

 

講師: 持田節子氏

専門外国語としての日本語教育・異文化コミュニケーション・ドイツ日独事情。

ドイツで32年間教員生活(ギムナジウム正教諭・大学講師)の傍ら、 

日本事情を紹介する講演やビジネスセミナー 講師を務める。日本では、

ドイツ事情・日独事情比較等に関するワークショップや講演生活動を行っている。

ドイツ料理(食べるのも、作るのも)とドイツワインが大好き。 

 

 

 

日   程:令和元年10月19日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:文京シビックセンター5階区民会議室

  受講概要 

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:50人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

        

 

 申込方法

 

申込期間:令和元年10月10日(木曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座(第6回)」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座(第6回)」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

  受講決定の知らせ  

 ☆受講の決定については、令和元年10月11日(金曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

  

 

第5回: 「ドイツ ALL AROUND] ~ドイツを体験!~ ※募集は終了しました。

 第5回「ドイツ文化講座」では、ゲーテ・インスティトゥート東京(ドイツ文化センター)

の所長代理、語学部長フォン・ゲーレン・マティアス氏をお招きし、

「ドイツ ALL AROUND」 と題してお話いただきます。

 

東京2020大会に向け、ドイツ語圏の人と接する機会がこれから多くなってくると思います。

日常のシチュエーションで少しでもドイツ語で話しができたら、ほんの一言でも

母国語で話しかけられたら、お互いの距離がぐっと近くなります。

コミュニケーションをとるために必要な簡単なドイツ語を学んでみませんか。

お互いを理解するには、言語だけではなく、背景となっている文化も知ることが大切です。

 

今回はチームに別れて、タブレットを使用したゲームに参加しながら、

ドイツの文化や社会に触れます。

  

講師: ゲーテ・インスティトゥート東京所長代理、

        語学部長のフォン・ゲーレン・マティアス氏 

 

 ※ゲーテ・インスティトゥートはドイツの公的文化機関です。世界中でドイツ語の普及、

各国のパートナーと交流によりドイツ文化の理解を深め、最新のドイツ情報をお伝えしています。 

 

日   程:令和元年9月7日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:文京シビックセンター地下2階研修室AB

        (区報でご案内した21階会議室から変更となりました。)

 

 受講概要 

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:50人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

 

申込方法 

 

申込期間:令和元年8月22日(木曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座(第5回)」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座(第5回)」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

 

 受講決定の知らせ  

 ☆受講の決定については、令和元年8月23日(金曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

第4回:  「観光から学ぶドイツ!」 ※募集は終了しました。

 第4回「ドイツ文化講座」では、ドイツ観光局の武井由起氏をお招きし、

「観光から学ぶドイツ!」 と題してお話いただきます。

 

ようこそドイツへ、ヴィルコメン !

今年はベルリンの壁の崩壊から30年、

来年もベートーヴェンの生誕250周年とイベント目白押しのドイツ。

ますます注目が集まる今、改めてドイツの魅力に触れてみませんか。

映像やクイズを通してドイツの旅に出てみましょう。

 

 講師: ドイツ観光局の武井由起氏

 

 

日   程:令和元年8月3日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:文京シビックセンター5階区民会議室

 

 受講概要 

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:50人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

 

 申込方法 

 

申込期間:令和元年7月19日(金曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座(第4回)」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座(第4回)」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

 

 受講決定の知らせ 

 ☆受講の決定については、令和元年7月22日(月曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

第3回: 「音楽から学ぶドイツ!」※募集は終了しました。

 第3回「ドイツ文化講座」では、東邦音楽大学教務部長の山崎明美氏をお招きし、

「音楽から学ぶドイツ!」と題してお話いただきます。

 

知らず知らずに耳にしている美しい調べには、ドイツの音楽家によるものが多くあります。

バッハ、ベートヴェン、ブラームスの三大Bと呼ばれる作曲家は、その代表と言えます。

今回はそれぞれの作曲家の育んだ町の話を交えながら、ドイツ音楽の魅力を伝えます。

また、音楽家とその国の言葉には密接な繋がりがあります。ドイツはゲーテやシラーをはじめ

多くの詩人を生み出した国です。美しいドイツ語の響きは詩人の心を伝えてくれます。

ぜひ一緒に発音してみませんか。

 

講師:  東邦音楽大学教務部長(教授)の山崎明美氏

 

 

 

日   程:令和元年6月22日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:文京シビックセンター5階区民会議室

 

受講概要 

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:50人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

 

申込方法 

 

申込期間:令和元年6月6日(木曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座第3回」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座第3回」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

 

受講決定の知らせ 

 ☆受講の決定については、令和元年6月7日(金曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 第2回: 「ドイツの地理と豊かな自然」 ※募集は終了しました。

第2回「ドイツ文化講座」では、文京区の国際交流員(CIR)が

「ドイツの地理と豊かな自然」と題してじっくりお話を致します。

ドイツは、欧州の中央に位置し、その地理的な要素から、古くより

様々な文化がからみ合い、多様性の高い国として発展してきました。

 

また、ドイツといえば、アルプスの山々や広大な森のイメージが強いかもしれませんが、

自然も多様であり、北ドイツの海と平原、ドイツの礎を築いたライン川など、魅力がいっぱいです。

 

ぜひドイツの豊かな自然を実感してください! 

 

講師 シュナイダー・パトリック(文京区国際交流員)

 

 

日   程:令和元年5月25日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:文京シビックセンター21階会議室

 

 受講概要

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:50人(超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

  

 申込方法 

申込期間:平成31年4月15日( 月曜日 )から令和元年5月9日(木曜日)まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座第2回」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座第2回」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

 

 受講決定のお知らせ 

 ☆受講の決定については、令和元年5月13日(月曜日)以降、往復はがきの返信またはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 

第1回目 : 「 ドイツは〇〇! ~ ドイツの実情を多面的に紹介 ~ 」※募集は終了しました。

基調講演として、ドイツ連邦共和国大使館よりホーボルト幸夫氏を講師にお迎えし、

「 ドイツは〇〇! ~ ドイツの実情を多面的に紹介 ~ 」と題して、

日本とドイツの今について様々な角度からお話いただきます。

 

講   師:ホーボルト幸夫氏 ( ドイツ連邦共和国大使館文化担当 ) 

 

 ホーボルト幸夫氏

 

日   程:平成31年4月20日( 土曜日 ) 

時   間:14時から16時まで

場   所:拓殖大学文京キャンパス

アクセス :

 

拓殖大学文京キャンパス 

 

 

受講概要

対象者区内在住・在勤・在学者

定   員:100人( 増員となりました。超えた場合は抽選 ) 

受講料:500円

 

 

申込方法 ※募集は終了しました。

申込期間:平成31年3月15日( 金曜日 )から同年4月8日( 月曜日 )まで

申込方法:往復はがき あるいは メール にてご応募ください。

 

【 往復はがき 】

(1)件名に「ドイツ文化講座」と記載、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名( ふりがな )、(4) 生年月日、(5) 電話番号、(6) メールアドレス、

返信用にはあて先を明記し、

〒112ー8555 文京区スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック担当へご郵送ください。 

 

メールアドレス 】 

(1)件名を「ドイツ文化講座」とし、

本文に、(2)住所(※在勤者は勤務先名・所在地、在学者は学校名も記載)、

(3)氏名(ふりがな)、(4)生年月日、(5)電話番号、(6)メールアドレスを明記し、

下記のメールアドレスへ送信ください。

 

 メールアドレス: b-dondon@city.bunkyo.lg.jp

 

※講座に関する情報をメールにてご連絡することがあります。

※往復はがきの場合は当日消印有効、メールは必着 

 

 

受講決定のお知らせ 

 ☆受講の決定については、平成31年4月12日(金曜日)以降、往復はがきの返信ないしはメールにて

    ご連絡いたします。

 ☆住所・氏名等の記入事項に不備がある場合は、返信できないことがあります。返信がない場合は、

    お問い合わせください。

 ☆受講料のお支払い方法については、受講が決定した方にお知らせいたします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

スポーツ振興課

オリンピック・パラリンピック推進担当

電話番号:03‐5803‐1309

FAX:03‐5803‐1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.