選考委員の紹介

更新日 2010年02月19日

文壇等各方面でご活躍中の、本区にゆかりのある方々が選考にあたります。

青木玉(あおきたま)

(略歴)
1929年、東京生れ。東京女子大卒。母は幸田文、祖父は露伴。95年、『小石川の家』で芸術選奨文部大臣賞受賞。著書に『幸田文の箪笥の引き出し』『手もちの時間』など。※文の京文芸賞第1~3回選考委員

青木玉氏

奥本大三郎(おくもとだいさぶろう)

(略歴)
1944年生。フランス文学者。随筆家。埼玉大学教養学部教授。日本昆虫協会会長。東京大学文学部仏文学科卒。論文に『暗殺者ランボー』など。また海外採集など昆虫の収集家として知られ、『ファーブル昆虫記』の全訳、『虫の宇宙誌』(読売文学賞受賞)、『楽しき熱帯』(サントリー学芸大賞受賞)、図鑑『珍虫と寄虫』など著書多数。※文の京文芸賞第1~4回選考委員

奥本大三郎氏

加賀乙彦(かがおとひこ)

(略歴)
1929年生。作家。日本芸術院会員。東京大学医学部卒。東京医科歯科大学および上智大学等で勤務の後、創作活動に専念。『帰らざる夏』(1973年谷崎潤一郎賞)、『宣告』(1979年日本文学大賞)、『湿原』(1986年大仏次郎賞)、『永遠の都』(1998年芸術選奨文部大臣賞)など著書多数。現在、『永遠の都』続編『雲の都』執筆中。※文の京文芸賞第1~4回選考委員

加賀乙彦氏

沼野充義(ぬまのみつよし)

(略歴)
1954年生。東京大学卒。ハーバード大学大学院留学。ワルシャワ大学講師をへて、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論)。専門はロシア東欧文学、文芸評論。現在、東京新聞などの紙面で文芸時評を担当。著書『亡命文学論』(サントリー学芸賞受賞)、『ユートピア文学論』(読売文学賞受賞)他。※文の京文芸賞第4回選考委員

沼野充義氏
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

アカデミー推進課文化事業係

電話番号:03‐5803‐1120

FAX:03‐5803‐1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.