平成30年度自然散策会第三回目(小石川植物園)

更新日 2019年04月17日

平成31年3月16日(土曜日)に小石川植物園にて実施した、春の自然散策会の様子です。

 

参加者の方々にお集まりいただきました。

集合している様子 

 

まずは、「ツワブキ」という植物の紹介です。

ツワブキはキク科の多年草で、ツワブキという名前は、「艶のある葉を持ったフキ」から転じてついた、と言われているそうです。 

 

ツワブキ 

 

小石川植物園では、日本の「ワジュロ」、中国の「トウジュロ」、地中海沿岸の「チャボトウジュロ」の3種類のシュロの木を見ることができます。

 

ワジュロの様子 

 ↑ワジュロ(葉の先が下がっている) 

 

チャボトウジュロの様子 

↑チャボトウジュロ(幹が束生する) 

 

続いて、昭和14年(1939年)に竣工された、植物園本館の紹介です。

植物園本館 

 

こちらの写真は、港区にある東京都庭園美術館です。

 東京都庭園美術館 

 

両方ともどこか似ている雰囲気で、アール・デコという、定規とコンパスで描いた線のようなシンプルなデザインとなっております。

 

さて、続いては、物理学者ニュートンで有名な、”リンゴの木”です。

ニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見し、その木は接木によって科学に関係ある施設に分譲されたそうです。

 

ニュートンのリンゴの木 

 

その隣には、メンデルの”ブドウの木”があります。

こちらは、遺伝学の基礎を築いたメンデルが実験に用いたブドウの分株だそうです。

 

メンデルのブドウの木 

 

次は、桜の種類についての説明を聞きました。

 

桜の園芸品種の一つである「ソメイヨシノ」は、「オオシマザクラ」と「エドヒガン」という2種類の桜の雑種で、江戸時代末期に生まれました。昭和30年代に交配実験を行った時に、兄弟木として「伊豆吉野」、「天城吉野」、「帝吉野」なども出来たそうです。 

 

この日は、「マメザクラ」、「オオシマザクラ」、「カンヒザクラ」の開花を見ることができました。

 

マメザクラの様子 

 ↑マメザクラ 

 

オオシマザクラの様子 

 ↑オオシマザクラ 

 

カンヒザクラの様子 

 ↑カンヒザクラ

 

日本庭園の風景を楽しみつつ、解散となりました。

日本庭園の様子 

 

最後に、参加者の方々から頂いた質問と、その回答をご紹介します。

 

<質問>

1.メンデルのブドウとニュートンのリンゴの花はいつ咲きますか。

 

2.植物の形や生態(なぜ八つ手のように葉が分かれるのか。)

 

3.宿り木がなぜ宿るのか。

 

<回答>

1.「メンデルのブドウ」の花は、5~6月に開花します。

「ニュートンのリンゴ」の花は、その年ごとに若干の違いはありますが、5月の連休の頃です。

これより少し前(4月中旬から1週間程度)には、「ハンカチの木」が咲き、大勢の来園者でに賑わいます。

 

2. 元は一枚の葉っぱが、進化の過程で掌状に裂けたり(掌状裂葉)、裂けた葉が一枚ずつの小葉に分かれたり(掌状複葉)した植物があります。

一般的に大きな葉は強風の時に大きな風圧を受けるため、葉柄を太くする必要があります。

裂葉や複葉になっても結果的に葉の表面積が同じであれば、光合成の生産量も同じですので、植物にとっては太い葉柄を作るエネルギーを節約することが出来ます。

ヤツデの実生苗を観察してみると、最初に出てくる葉っぱは裂けていないことが分かります。 

ヤツデの葉 

↑ヤツデの葉 

 

3.ヤドリギは「半寄生植物」です。水とミネラルを、寄主であるヤマナシから貰い、ヤドリギ自身の葉にある葉緑素で光合成を行います。

ヤドリギの実は果肉に粘液分があり、この実を食べた「ヒレンジャク」や「キレンジャク」などの鳥が木の枝にとまって糞をするときに、お尻から粘液とともに種子を排出します。

この粘液によって木の枝にとどまった種子が発芽すると、ヤマナシの枝の内部に根を伸ばしていきます。

ヤドリギが半寄生する木はヤマナシの他に多種に及び、エノキやムクノキが最も多く見かけます。冬鳥にとってはマツのようなトゲのある葉がある樹木や、葉が密生した常緑樹よりも、落葉樹が好まれると考えられます。小石川植物園内でも、ヤマナシ以外のヤドリギが見つかるかもしれませんね。

 

↑小石川植物園内にあるヤマナシの木

 

今回は、今年度最後の自然散策会でした。講師の杉﨑さん、参加された皆様、ありがとうございました。

来年度も自然散策会を実施しますので、ぜひまたご参加ください! 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター19階北側

みどり公園課緑化係

電話番号:03-5803-1254

FAX:03-5803-1361

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.