ペットの防災対策

飼い主の役割とは、ペットを飼うという権利とともに、果たさなければならない義務を常に意識し、常に飼い主の責任を果たす「心構え」を持つことです。

避難所へのペット同行避難について

災害が発生したら、まずはご自身の安全を確保してください。

災害時にペットを守るためには、飼い主が無事でいることが大切です。

そして、家が損壊するなどして避難しなければならない場合には、避難セットを持ってペットと一緒に避難所に避難してください。(同行避難)

 

 

同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。

避難所において、人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。

また、避難者の中には、動物が苦手な方や動物アレルギーを持った方もいますので、配慮が必要です。 

それぞれの避難所のルールに従ってください。

 

 

区では、避難所におけるペット飼育ルールや飼育場所等について、区で作成している「文京区避難所運営ガイドライン」に案を掲載しており、各避難所運営協議会が定めることとしています。また、ペットの避難に関しては、あらかじめ避難所運営協議会が策定したルールに基づき、避難者とは別の部屋又は屋外(校庭等)に張ったテント等を収容場所として対応することとしています。

 

 

文京区地域防災計画の避難所における動物飼養場所確保用物資の備蓄しているケージは、各避難所に5個、計165個です。

また、ペットフードは備蓄しておりませんので、飼い主が非常食などをまとめた避難セットを準備することも必要です。

災害時に役立つ社会化やしつけ

人や動物に慣らしておく

ペットをなるべく多くの人や動物に接するようにして、社会性を身につけさせましょう。成長してからでも様々な物に慣らしていくことは可能です。怖がる場合は積極的に触れ合うというより、平常心でいられることを目標にしましょう。苦手なことは無理強いしないで、おやつやおもちゃなど好きなものを使って、時間をかけて慣らしていきましょう。

様々な音や物に慣らしておく

いつもと違う音や物に囲まれることは、ペットにとっても大きなストレスです。日頃からいろいろな環境を無理なく体験させておくと、環境の変化によるストレスを軽減させることができます。

ケージに慣らしておく

ケージやキャリーバッグは、動物病院に連れていく時だけに使わず、日頃から扉を開けた状態で部屋に置き、ペットがくつろいだり眠ったりする「安心できる場所」として慣れておくようにします。避難時の速やかな連れ出しもでき、ケージの中で過ごす時間が長くなる避難生活でもペットのストレス軽減につながります。

むやみに吠えないようにしておく

普段はおとなしいペットでも、たくさんの人や動物が集まる避難所などでは、慣れない環境によるストレスで鳴いたり吠えることもあるでしょう。迷惑にならないよう、日頃からむやみに吠えないようにしておくこと、また、ストレスを和らげられるよう、犬が吠える原因を知り、対策を考えておきましょう。

体のどこでも触れるようにしておく

どこでも触れるようにしておくことで、災害時の健康チェックや応急処置、病院に行ったときなどにも役立ち、安心です。

ペットの身元表示

突然の災害に驚いて逃げてしまい、ペットが迷子になることがあります。

保護された際に飼い主のもとに戻れるよう、普段から、外から見える迷子札などをつけ、さらに、首輪などが取れてしまったときの確実な身元証明としてマイクロチップの装着といった二重の対策をとりましょう。

犬は狂犬病予防法において鑑札及び注射済票の装着が義務づけられています。

防災対策(チェックリスト)

□家具やケージを固定するなどの住まいの防災対策

□屋外飼養の場合は、飼養場所の安全確認(外塀やガラス窓の近くを避ける)

□家族や近所との災害に備えた話し合い

□避難所の場所などの情報収集と避難訓練への参加

□ペットフードやシーツなどの備蓄品の準備

□一緒に連れて逃げられる頭数しか飼わない

□鑑札・狂犬病予防注射済票やマイクロチップなどの所有・明示の徹底

□不妊去勢をしておく(ストレス軽減と繁殖の防止)

□ワクチンなどの健康管理

□ケージに入る、むやみに吠えないどのしつけ

□「マテ(制止)」・「オイデ(呼び戻し)」や決められた場所での排泄などのしつけ

□人や他の動物に慣らしておく

□様々な音や物に慣らしておく

□ペットの同行が不可能になったときの預け先の想定

災害時の備え(命や健康にかかわるものを優先しましょう。)

□5日分以上(できれば7日分以上)のフードと水

□フードや水を入れる容器

□薬(持病などがある場合)

□鑑札(身元表示)と写真(飼い主と一緒に写っているもの)

□ペットケージ、キャリーバッグ

□リード(伸びないもの)・ハーネス

□ごみ袋

□グルーミング用ブラシ

□トイレ用品(ペットシーツなど猫の場合は使い慣れた猫砂又は使用済猫砂の一部)

□飼い主の連絡先やペットの情報を記録したもの

□その他ガムテープ、おもちゃ等必要なもの

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター15階北側

危機管理室防災課

電話番号:03-5803-1179

FAX:03-5803-1344

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.