平成28年熊本地震 報道発表資料(平成28年4月分)

文京区議会、熊本地震の被災地復興支援のために義援金を届けました

平成28年4月27日
いつ 平成28年4月27日(水曜日)午後4時~4時30分

どこで

熊本県東京事務所・熊本市東京事務所
だれが 文京区議会正副議長
内容

文京区議会は、「文化と歴史を縁とする包括連携に関する覚書」を締結している熊本県及び熊本市に対し、熊本地震の被災地復興支援のために、白石英行議長及び松丸昌史副議長が、義援金15万円を熊本県東京事務所へ、20万円を熊本市東京事務所へ届けました。

 

先遣職員が被災地の現況を報告しました

平成28年4月21日

いつ

平成28年4月21日(木曜日)午前9時30分

どこで

文京シビックセンター16階 応接室
 だれが 文京区防災課
内容

文京区は4月18日(月曜日)から20日(水曜日)までの3日間、平成28年熊本地震の被災地である熊本市へ、現地での支援物資の搬入、被災状況の確認及び今後の支援の検討を行うため、

先遣隊として職員2名を派遣しました。

本日、先遣職員の帰京に合わせ、熊本市及び益城町における支援物資の搬出、仕分け・配給状況、避難所生活の状況等について、職員が撮影した現地の写真とあわせ報告しました。

先遣職員は「熊本市は比較的安定した状況であったが、益城町では多くの道路や家屋の倒壊が放置されており、これから人手が必要な状況にある」と報告しました。また、支援物資は多いが、ボランティア等の人手が不足し、救援物資の搬入がスムーズに行えない現状を報告し、「物資の支援のほかに人的な支援も必要」と、強く訴えました。

この先遣隊により得られた貴重な経験や活きた情報を共有し、今後の支援について具体化を図ります。

 また、東京都からの要請に基づく被災地の建築物の被害調査のため、被災地建築物応急危険度判定員として派遣する建築職の職員2名を区長が激励しました。

文京区独自のボランティア助成制度※を創設するなど、文京区では今後も被災地からの要請及び現状を見極め、適時適切な支援を行ってまいります。

 

【文京区独自のボランティア助成制度を創設】

 熊本市社会福祉協議会が災害ボランティアセンター開設を決定したこと受け、文京区社会福祉協議会では文京区と連携し、独自の災害ボランティア活動助成を行うこととしました。

平成28年熊本地震被災者の復興を支援するため、災害ボランティア活動者に掛かる経費を助成するもので、1万円を上限に、旅費や滞在費の一部を助成します。

【平成28年熊本地震における区の対応】

文京区支援物資(4月20日現在)

 到着日

輸送物資 

 区が協力を依頼した団体等

 4月18日

午前

飲料水(2ℓ)6,000本

島根県津和野町

 4月19日

午後

飲料水(2ℓ)4,800本

民間事業者

飲料水(550ml)20,736本

妊産婦・乳児救護所備蓄物資 他

新宿区の物資も同梱) 

東京都トラック協会文京支部

 詳細は区ホームページ 平成28年熊本地震の支援についてをご覧ください。

 

【義援金を受け付けています】

文京区では、熊本県及び熊本市と「文化と歴史を縁とする包括連携に関する覚書」を締結しており、一日も早い復興のため、4月18日(月曜日)より義援金の受付を始めました。義援金は、文京シビックセンターや地域活動センターのほか、熊本県とゆかりの深い新江戸川公園内「松聲閣」でも受け付けています。

 

被災地の現況を報告しました   先遣職員による報告の様子

 

被災地の様子   先遣職員より報告のあった写真

文京区と新宿区は、被災地へ支援物資を輸送しました

平成28年4月18日

いつ

平成28年4月18日(月曜日)午後6時頃

どこで

文京シビックセンター1階駐車場(文京シビックホール搬入口)
 だれが 文京区・新宿区
内容

本日、文京区は「文化と歴史を縁とする包括連携に関する覚書」を締結している熊本市からの要請を受け、支援物資を輸送しました。

文京区が東京都トラック協会文京支部を通じて手配したトラック2台(各13.5トン)のうち1台は、備蓄物資を積載し、文京シビックセンターを午後6時頃に出発しました。同じく覚書を締結している新宿区からの物資も同梱しています。他の1台は、区が確保した550mlのペットボトル水20,700本を輸送します。

また、すでに2ℓのペットボトル水4,800本を輸送中であり、「『森鴎外ゆかりの地』相互協力及び防災に関する協定」及び「文化振興及び地域活性化に関する協定」を締結する島根県津和野町を通じて輸送した、2ℓ入りペットボトル6,000本は本日午前中に到着しています。

その他、平成28年4月18日(月曜日)から平成28年6月30日(木曜日)まで、区役所庁舎内および、区内9箇所の地域活動センターほかにおいて義援金を受け付けるほか、4月18日から、現地での支援物資の搬入、被災状況の確認及び今後の支援の検討を行うため、職員2名を派遣します。

文京区では今後も被災地からの要請及び現状を見極め、適時適切な支援を行ってまいります。


【輸送物資】
文京区が輸送した主な物資は、以下のとおり。(一部)

  • 食料品

  一日セット/896セット 持ち運びセット/3,624セット クラッカー/7,070食 おかゆ/400食

  • 飲料水(500ml/12,147本)
  • 毛布及び簡易寝袋並びにエアマット 計2,784セット
  • その他、生理用品、ウエットティッシュ・粉ミルク・哺乳瓶・ポータブルトイレ等を輸送しています。

妊産婦・乳幼児救護所から

  • 紙おむつ(大人用・子供用 計6,118セット)、粉ミルクのほか、哺乳瓶、分娩セット、処置セット等

輸送済み

  • 2リットルペットボトル水6,000本(島根県津和野町を通じて輸送。到着済み)
  • 2リットルのペットボトル水4,800本(輸送中)

【成澤廣修文京区長のコメント】

「今回の地震で甚大な被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。熊本市との文化的なつながりを、ぜひ非常時にも役立てたいと思います。今回、同じく協定を締結している島根県津和野町を通じて、熊本市に飲料水を輸送することができましたが、これも通常時のつながりが非常時に役に立つことを示したものです。熊本市へは引き続き支援していきたいと考えております。」

 

支援物資をトラックに搬入する文京区職員の様子  トラック出発式の文京区長の挨拶

 

文京シビックセンターを出発するトラックの様子 

~文京区と新宿区は、被災地へ支援物資を届けます ~

平成28年4月18日

いつ

平成28年4月18日(月曜日)午後5時(予定)

どこで

文京シビックセンター1階駐車場(文京シビックホール搬入口)
 だれが 文京区・新宿区
内容

本日、文京区は「文化と歴史を縁とする包括連携に関する覚書」を締結している熊本市からの要請を受け、熊本市へ支援物資を届けます。

物資は文京区が、東京都トラック協会文京支部を通じて手配したトラック2台(各13.5トン)で輸送することとし、文京シビックセンター午後5時前後に出発します。なお、このトラックには、同じく覚書を締結している新宿区からの物資も同梱します。

また、飲料水についても確保が完了し、富山県内から4月18日(月曜日)午前中に輸送が行われています。

そのほか、すでに「『森鴎外ゆかりの地』相互協力及び防災に関する協定」及び「文化振興及び地域活性化に関する協定」を締結する島根県津和野町を通じて、飲料水(2ℓ入りペットボトル6,000本手配済み)を輸送しており、本日午前中に到着しています。

 

【輸送物資】

文京区が輸送した主な物資は、以下のとおりを予定しています。

  • 食料品

  一日セット/896セット 持ち運びセット/3,624セット クラッカー/7,070食 おかゆ/400食

  • 飲料水(500ml/12,147本)
  • 毛布及び簡易寝袋並びにエアマット 計2,784セット
  • その他、生理用品、ウエットティッシュ・粉ミルク・哺乳瓶・ポータブルトイレ等を輸送しています。

 妊産婦・乳幼児救護所から

  • 紙おむつ(大人用・子供用 計6,118セット)、粉ミルクのほか、哺乳瓶、分娩セット、処置セット等(輸送済み)
  • 2リットルペットボトル水6,000本(島根県津和野町を通じて輸送。到着済み)
  • 2リットルのペットボトル水4,800本(輸送中)

【物資の提供を行う経緯等】

  • 4月15日(金曜日)特別区長会において、特別区として被災地支援を行うことを決定
  • 4月16日(土曜日)熊本市長から文京区長あてに飲料水の提供について要請
  • 4月17日(日曜日)熊本市東京事務所から特別区長会あてに、物資の提供について要請

【その他の支援】

文京区では今後も被災地からの要請及び現状を見極め、適時適切な支援を行ってまいります。

 

 

 

熊本地震による被災者の方々に対する義援金の受付を開始しました

平成28年4月18日

いつ

平成28年4月18日(月曜日)~ 6月30日(木曜日)

どこで

文京シビックセンター及び地域活動センター9か所並びに松聲閣(新江戸川公園内)
 だれが 文京区
内容

文京区は、熊本地震の被災者の方々に対する義援金の受付を4月18日から開始しました。
【受付場所】

  • 文京シビックセンター(文京区春日1-16-21)

        1階 受付カウンター(平日:午前8時30分~午後5時)

        12階 区民部区民課窓口(平日:午前8時30分~午後5時)

  • 地域活動センター9か所(午前9時~午後5時、礫川地域活動センターは平日のみ。)
  • 新江戸川公園 松聲閣(午前9時~午後8時)

【受付期間】

  • 平成28年4月18日(月曜日)から6月30日(木曜日)まで

 

  文京シビックセンター1階受付設置の義援金の箱  義援金箱とのお願いの張り紙

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.