文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
特別展
TOKYO150

ねこの細道・さんぽ道―ぶんきょう道中ひげ栗毛―


会期:
平成30年10月20日(土曜日)〜12月2日(日曜日)
■開館時間
午前10時〜午後5時

■休館日
毎週月曜日

■入館料
一般300円/団体(20人以上)210円
中学生以下・65歳以上、「身体障害者手帳」「愛の手帳(療育手帳を含む)」「精神障害者保健福祉手帳」「戦傷病者手帳」をお持ちの方とその介護の方(1名)、「友の会」会員の方は無料

※「東京150年カッパバッチ」提示で団体料金で入館できます。
※11月3日(土・祝)は無料公開日


 東京150年の今年、文京ふるさと歴史館では、特別展『ねこの細道・さんぽ道―ぶんきょう道中ひげ栗毛―』を開催します。

 路地裏や往来をめぐる夏目漱石の名著、“吾輩は猫である”の視点になぞらえて、文京区内の様々な史跡や文化財を、普段は見過ごしがちな視点からご紹介いたします。
 あわせて、区にゆかりの作家・文人達の中から、文京区を題材にとりあげた作品のいくつかを紹介します。平成2年に『街道をゆく 本郷界隈』の取材で文京区を訪れ、この地に対する思いを、“文化の配電盤”と称した司馬遼太郎などの著作の一部を追体験して頂く画像機器や、史跡紹介映像コーナーなどもあります。
ご来館をお待ちしております。

特別展ポスターの画像

特別展チラシ(表)
特別展チラシ(裏)
 
駒込名主屋敷の画像

◆駒込名主屋敷
 江戸時代に草分け名主であった高木家が代々、名主を務めてきた建物。
 冬の日差しを受けた猫は、門番のよう。

夏目漱石旧居跡の画像

◆夏目漱石旧居跡
 川端康成の揮毫した夏目漱石の顕彰碑が設置されています。
 かつてこの地にあった屋敷は、漱石が執筆した小説に因み“猫の家”と呼ばれました。
 ここから毎日散歩にでた漱石と、あるお寺のご住職との逸話なども紹介します。

吹上稲荷神社の画像

◆吹上稲荷神社
 江戸時代の初めには江戸城内にあった吹上稲荷神社は、現在、大塚の総鎮守となっています。

■展示風景
外観画像
◆文京ふるさと歴史館外観


階段展示の画像
◆階段のパネル


入口の画像
◆入口の様子


展示室の画像
◆展示室のようす


パネルや資料の画像
◆パネルや資料


     

■展示解説

日時/10月26日(金曜日)、11月1日(木曜日)、7日(水曜日)、29日(木曜日)
   各回とも午後1時30分から30分程度
申込/不要(入館料は必要になります)。当日直接会場へ。
解説/当館学芸員


■関連図録 A4版カラー40頁 690円

ぶんきょう道中史跡探訪

■付帯事業


  

地図でたどる文京区の地形と地名

日時:11月18日(日曜日) 午後2時から4時

会場:文京区男女平等センター(本郷4-8-3)

応募締切:11月2日(金曜日)必着
 


文京さんぽ−本駒込・千駄木の細道をめぐる

日時:11月13日(火曜日) 午後1時から4時(雨天決行)
コース:富士神社・駒込名主屋敷・吉祥寺・養源寺・薮下通り・夏目漱石旧居跡(猫の家)
    約3.5km
ガイド:ふるさと歴史館友の会「文京まち案内」ボランティアガイド 

締切:10月26日(金曜日)

昨年の史跡めぐりの画像

昨年の史跡めぐりの様子



文京ふるさと歴史館

〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221


Copyright (C) 2005, Bunkyo Museum. All Rights Reserved.

このウィンドウを閉じる