バナー

文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
収蔵品展

ふるさと歴史館 収蔵品展
『コドモノマナビヤ 文京幼稚園今昔』

会期:
平成30年2月10日(土曜日)〜3月18日(日曜日)

■主催
文京ふるさと歴史館

■開館時間
午前10時〜午後5時

■休館日
2月13日・19日・26日、3月5日・12日

■入館料
一般100円・団体(20人以上)70円
中学生以下・65歳以上は無料
■担当学芸員による展示解説
 
2月22日(木曜日)、3月4日(日曜日)、3月13日(火曜日)
各回とも午後2時から30分程度【事前申込不要、当日直接会場へ】




収蔵展チラシ(表面)

収蔵展チラシ(裏面)



サンタクロース姿の阿部幼稚園長の画像
サンタクロース姿の阿部幼稚園長


29年度の収蔵品展では、「コドモノマナビヤ 文京幼稚園今昔」と題して、文京区の幼稚園の歴史を紹介します。


明治9年、湯島の東京女子師範学校(現、お茶の水女子大学)に附属幼稚園が設立され、文京の地は日本における幼稚園発祥の地となりました。この他にも、創立130周年を迎えた第一幼稚園や110年を越える京北幼稚園、日本女子大学附属豊明幼稚園など、区内には歴史ある幼稚園がいくつも存在しています。また西片に昭和30年から19年間開園された阿部幼稚園のように、開園期間の短い幼稚園も多くあり、これまでに約70園の幼稚園が設立されています。


現在でも、区内には27園の幼稚園が開園し、日々多くの子ども達が学んでいます。収蔵品展では、幼稚園の導入期から、震災・戦災の影響を受けて現在にいたるまでの歴史を、これまでに歴史館に寄贈された資料を中心に紹介します。幼児教育の無償化など、就学前の児童の教育・保育に関心が集まる中、文京区における幼児教育施設の歴史に、触れてみてはいかがでしょうか。
児童集合写真の画像
大正から昭和初期の上富坂幼稚園
食事風景の画像
昭和5年第三幼稚園の昼食風景
園児たちが校庭でお遊戯している風景
昭和5年第三幼稚園のお遊戯風景
幼稚園唱歌集の画像
明治20年幼稚園唱歌集
(文部省が幼稚園の為に造った唱歌集)

修了証の画像
明治26年誠之小学校附属幼稚園
(現_第一幼稚園)修了証

文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221

Copyright (C) 2005, Bunkyo Museum. All Rights Reserved.
このウィンドウを閉じる