文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
特別展

「季節のうた-歌人窪田空穂生誕140年・没後50年-」


会期:
平成29年10月21日(土曜日)〜12月3日(日曜日)
■開館時間
午前10時〜午後5時

■休館日
毎週月曜日

■入館料
一般300円/団体(20人以上)210円
中学生以下・65歳以上は無料、
「友の会」会員の方は無料「身体障害者手帳」「愛の手帳」などをお持ちの方とその介護の方(1名)無料
※11月3日(金・祝)は無料公開日


 窪田空穂(1877-1967)は、50年をこえる月日を文京の地で過ごした、ゆかりの歌人・国文学者です。明治・大正・昭和にわたる長い文芸活動のなかで、全集に掲載されるだけでも14,000首以上もの歌を詠み、また古典和歌や作歌について一連の研究を行い、早稲田大学などにおいて教鞭をとりつつ、和歌を研究・愛好する多くの後継者を育てました。
 空穂生誕140年・没後50年を迎える今年、文京ふるさと歴史館では、文京の季節を詠んだ空穂の歌を中心に、空穂ゆかりの品々を展示する特別展を開催します。みなさまのご来館をお待ちしております。

季節のうたポスター

特別展チラシ(表)
特別展チラシ(裏)
 


空穂直筆の和歌「老さくら・・・」(個人蔵)
・家族とともに見た小石川植物園の桜を見て読んだもの



歌集「まひる野」(1905年発行 館蔵)



空穂直筆和歌短冊(窪田空穂記念館蔵)
・文京の季節を詠んでいる。



空穂直筆短冊(館蔵)
・文京の季節を詠んでいる。


空穂の遺品



煙草缶(個人蔵)



トランプ(個人蔵)
・空穂はトランプのひとり占いを趣味としていた。



印章(窪田空穂記念館蔵)
・「東京小石川雑司谷八八窪田通治」とある。



窪田空穂邸縮小模型(窪田空穂記念館蔵)

(石)の画像

「(石)」(個人蔵)小杉放庵筆・画
・放庵より空穂に贈られたものと思われる。空穂の旧蔵品。

     

■展示解説

日時/11月1日(水曜日)、11月16日(木曜日)
   午後2時から午後2時30分
申込/不要(入館料は必要になります)。当日直接会場へ。
解説/当館学芸員


■展示図録 A版カラー64頁 500円



付帯事業


  

「窪田空穂-くらし・家族・うた-」 

日  時:11月19日(日曜日) 午後2時から4時

会  場:文京区男女平等センター(本郷4-8-3)

応募締切:11月5日(日曜日)必着
 


第2回史跡めぐり「文京の文学史跡・文学碑を訪ねる」

日 時:11月10日(金曜日) 午後1時から4時(雨天決行)
ガイド:ふるさと歴史館友の会「文京まち案内」ボランティアガイド 

締 切:10月25日(水曜日)




文京ふるさと歴史館

〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221


Copyright (C) 2005, Bunkyo Museum. All Rights Reserved.

このウィンドウを閉じる