文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
ミニ企画展

常設展示 ミニ企画コーナー(2階常設展示室)


『露伴最初の弟子、朗月亭羅文』

会期:
平成29年9月27日(水)〜12月24日(日)



 文京区根津に生まれ暮らした文人で、幸田露伴最初の弟子だったとも言われる朗月亭羅文、本名 瀧澤慎八郎(1863-1891)を紹介します。
 根津の酒屋相模屋に生まれ、読売新聞や朝日新聞紙上で活躍しながらも、明治24年に29歳の若さで早世した羅文は、後に露伴から明治20年代前半の文壇の様子を説明する上で「なくてはならない時代人」と評されました。
 展示では羅文の書いた手紙や出版された羅文の作品、羅文の葬儀時の香典帳などを展示します。


朗月亭羅文の写真
朗月亭羅文

文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221