文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
ミニ企画展

常設展示 ミニ企画コーナー(2階常設展示室)


『“地”の巨人
−文京ゆかりの考古学者・人類学者、鳥居龍蔵伝−』

会期:
平成28年9月28日(水)〜12月25日(日)


 
 大学など多くの教育機関が集まる文京区には、数多くの研究者たちが居住し、調査や研究に携わってきました。徳島から上京後、向ケ岡弥生(現文京区弥生)などに暮らした鳥居龍蔵もその一人です。
 10月22日から開催する文京ふるさと歴史館特別展では、『文京むかしむかし黎明篇−うみ・やま・ひとの物語−』と題し、区内の遺跡の調査結果や文京ゆかりの考古学者の足跡についてご紹介します。
 これに先立ち、9月28日からの2階常設展示ミニ企画コーナーでは、帝国大学(現東京大学)の助手として採用されて以降、様々な研究機関の職を歴任し、日本国内からアジア全域までを精力的に調査・研究を行った“地”の巨人、鳥居龍蔵の人と業績についてご案内します。


 鳥居龍蔵
鳥居龍蔵(徳島県立鳥居龍蔵記念館提供)


文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221