バリアフリーパートナー(学校ボランティア)

更新日 2017年05月16日

障害の有無にかかわらず、すべての人がともに生きる社会を実現するためには、ともに支えあう心と、きめ細かな支援が必要です。
教育の場においても、文部科学省から「特別支援教育」の方針が打ち出され、児童・生徒一人一人がニーズに応じた教育を受けられるような支援が求められています。
バリアフリーパートナーは心身の発達に遅れがあるなど、学校教育の場で特別な支援を必要とする子供たちが、その持てる力を高め、学習上の困難を改善または克服できるよう、お手伝いしていただくボランティアです。
※特別支援教育とは、従来の特殊教育の対象の障害だけでなく、LD、ADHD、高機能自閉症を含めて障害のある児童・生徒に対して適切な教育や指導を通じて必要な支援を行うこと。(文部科学省平成15年:「今後の特別支援教育のあり方について(最終報告)」)

バリアフリーパートナーに求められる支援は

区立幼稚園、小・中学校に在籍する、特別な支援を要する園児、児童、生徒へのサポートです。

幼稚園での具体的な支援

文京区には10園の区立幼稚園があります。
幼稚園には、きめ細やかな支援によって発達の促進を期待できるお子さんがいます。

  • 保育中における保育室・プール・園庭での見守り
  • 園外保育の付き添い

小・中学校での具体的な支援

文京区には20校の区立小学校、10校の区立中学校があります。
サポートにより学習環境を整えることによって、適切な教育的支援を受けることができます。

  • 授業中や校内行事における、教室・プール・校庭での見守り
  • 校外授業(遠足、社会科見学、音楽鑑賞教室、演劇鑑賞教室など)の付き添い

特別支援学級在籍児童生徒の交流支援

文京区には7小学校、3中学校に特別支援学級を設けています。
これらの学級の児童・生徒が通常学級と交流及び共同学習するときなど、きめ細やかな支援が必要です。

  • 通常学級の授業を共に受ける場合
  • 校内で、行事に参加する場合(例:運動会、プール等)
  • 校外で、行事に参加する場合(例:遠足、社会科見学、音楽鑑賞教室、演劇鑑賞教室など)
  • 給食の時間を共に過ごす場合

応募資格

心身ともに健康な者で、下記の1~4の全ての条件満たしている方

  1. 教育委員会、校長及び担当教諭の指示に従って活動できる方
  2. 活動により知り得た個人情報については秘守の上活動できる方
  3. 政治的又は宗教的に中立性を保持し活動できる方
  4. バリアフリーパートナーの信用を損なわないよう活動できる方

登録から活動までの流れ

バリアフリーパートナーは登録制となっており、応募した者は台帳に登録されます。活動はその登録者の中から希望校種や活動可能日等の条件が区立小・中学校及び幼稚園の意向と合致した方について活動していただきます。登録者への連絡は、バリアフリーパートナーコーディネーターがいたします。

なお、この登録は、本人の申し出により取り消すことができます。

※ 希望校種や活動可能日等の関係上、登録者が必ず活動できるという訳ではありませんのであらかじめご了承ください。

  1. 登録

    教育指導課特別支援教育担当に所定の様式(登録簿)がありますので、バリアフリーパートナーの登録をお願いします。
  2. 支援を必要とする区立小・中学校及び幼稚園から相談
    教育指導課から依頼を受けたバリアフリーパートナーコーディネーター(以下「コーディネーター」という。)が、支援を要する区立小・中学校及び幼稚園からの相談を受けます。
  3. 登録者に連絡
    コーディネーターが、登録台帳の中から希望校種や活動可能日等の条件が区立小・中学校及び幼稚園の意向と合致する登録者に連絡をいれます。
    お子さんの状況、必要な支援の内容は様々です。区立小・中学校及び幼稚園の支援計画に基づき活動していただきますので、活動内容の詳細を確認してください。
  4. 区立小・中学校及び幼稚園に紹介等
    コーディネーターが、区立小・中学校及び幼稚園に登録者を紹介します。また、登録者に活動開始日等を連絡します。
  5. 保険の加入
    活動することが決まりましたら、(社)東京都社会福祉協議会の「ボランティア保険」に加入してください。
    加入書類については、区市町村社会福祉協議会の保険担当窓口、区立小・中学校及び幼稚園、文京区教育委員会教育指導課で配布しております。
    ※「ボランティア保険」とは、(1)ボランティア自身がケガをした場合の「傷害保険」と(2)ボランティア自身が活動の対象者など他人の身体や財物、または名誉毀損・プライバシー侵害等により損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合の「賠償責任保険」の2つの補償をセットにした保険です。
  6. 活動
    実際に区立小・中学校及び幼稚園で活動をしていただきます。

謝礼のお支払いについて

  • 謝礼の額は支援に対する謝礼及び交通費相当額として、原則1回2,000円です。
  • 給食支援、プール支援、入園料等を伴う校外授業の支援を行った場合は、1回につき500円を加算いたします。
  • 支払い方法は、口座振込により一月分を翌月に振り込ませていただきます。

その他

特別支援教育への理解を深めていただくために、年に1、2回程度研修の実施を予定しております。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター20階北側

教育指導課特別支援教育担当

電話番号:03-5803-1298

FAX:03-5803-1368

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.