人権啓発

更新日 2017年06月12日

人権とは、誰もが生まれながらにして持っている権利であり、幸せに生きるために尊重されなければならないものです。

文京区では人権週間を中心に啓発活動を行っています。あらゆる偏見や差別をなくすため、家族・学校・職場・地域の一員として、人権を考えてみませんか。

全国一斉「子どもの人権110番」強化週間

6月26日(月曜日)~7月2日(日曜日)

子どもをめぐるさまざまな人権問題の解決を図るため、全国一斉「子どもの人権110番」の電話受付時間を通常より拡大して相談に応じます。

 

「子どもの人権110番」

☎0120-007-110(全国共通)相談は無料です。

月曜日~金曜日は午前8時30分から午後7時まで。

土曜日・日曜日は午前10時から午後5時まで。

通常時は平日の午前8時30分から午後5時15分まで。 

法務局職員および人権擁護委員が相談に応じます。(秘密は守ります。)

 

相談内容(例)

・学校で「いじめ」や「体罰」を受けた、見かけた。

・家庭や施設等で「暴行」「虐待」を受けた、見かけた。

 

法務省のホームページはこちら 

 

問合せ  東京法務局人権擁護部第二課☎03-5213-1234(内線2514)

平成29年度「就職差別解消促進月間」事業

就職は、生活の安定確保や労働を通じた社会参加など、人間が幸せに生きていく上で基本となるものです。このため、採用選考は応募者の適正と能力に基づき公正に行われなければなりません。しかしながら、面接時に本籍地や思想・信条等を聞くなど、就職差別につながるおそれの強い事例が現在もあります。

なくそう就職差別、問われる企業と社会の人権感覚

東京都では、6月を「就職差別解消促進月間」とし、就職差別をなくし就職の機会均等を確保するため、東京労働局及びハローワークと連携して啓発活動を展開します。

この機会に、就職差別など企業内における人権問題について、ぜひ一緒に考えてみませんか。 

講演と映画の集い   

【日時】平成29年6月8日(木曜日)13時30分から16時15分まで

【会場】共立講堂(共立女子大学)

【内容】講演:「企業と人権~人権問題の今~」

           講師:岡内伸二氏(資生堂ジャパン株式会社人事部人事企画室社員サポートグループマネージャー)

           映画:「人権啓発は企業にどんな力をもたらすのか」 

【参加方法】無料、当日先着順(定員1,000名)

【主催】東京都、東京労働局、ハローワーク

【共催】千代田区、中央区、文京区 

【問い合せ】東京都産業労働局雇用就業部まで(電話03-5320-4649) 

  

人権啓発映画会

【日時】平成29年6月6日(火曜日)14時から16時45分まで

【会場】台東区生涯学習センター(2階ミレニアムホール)

【内容】映画「光射す空へ」「さとにきたらええやん」

【参加方法】無料、事前申込制(定員300名)

【主催】(公財)東京都人権啓発センター

【共催】台東区

【申込・問い合せ】公益財団法人東京都人権啓発センター(電話03-6722-0085) 

 

上記「講演と映画の集い」と「人権啓発映画会」のチラシはこちら。(PDFファイル; 2779KB) 

平成29年度憲法週間行事(終了しました)

当日の様子はこちら(東京都ホームページ) 

 

講演と映画の集い in 文京 ~国境を越えた人の絆~

みんなで築こう 人権の世紀~考えよう相手の気持ち未来へつなげよう違いを認め合う心~ 

 


 日本国憲法は、自己の生命と自由を確保し、幸福を追求する権利、「基本的人権」を保障しています。憲法週間にちなみ、言語、文化、宗教、生活習慣などの違いを正しく理解し、外国人と日本人がお互いを尊重し合いながら共生できる社会の実現に向けて、「講演と映画の集い」を開催します。

皆様お誘い合わせの上、ぜひ御来場ください。(終了しました。) 


 

 

 サヘル・ローズ氏

 海難1890

  Photo by SOZO

 (c)2015 Ertugrul Film Partners 

  

 

日時:平成29年5月13日(土曜日)午後1時30分から午後5時20分まで(開場13時00分)

会場:文京シビックホール小ホール(東京都文京区春日一丁目16番21号)

講演:サヘル・ローズ氏(女優・タレント)(60分)

演題:私に力を与えてくれた“出会い”

        …幼少時代を孤児院で過ごし、8歳で養母と来日。

           日本の文化や生活等様々な苦難に直面しながらも、そこで出会う人々の温かさに触れ、

           絆を深めた経験をもとに多文化共生の未来について御講演いただきます。 

映画:海難1890(2015年日本、トルコ映画、132分)※映画は日本語字幕付きで上映

        …日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件等を題材に、

           日本・トルコ合作で映画化した日本人が知らない奇跡の実話。 

定員:300人

託児室:要事前予約。定員10名(申込順)。対象は6か月以上の未就学児。

<託児申込先>5月8日(月曜日)17時までに

                   東京都総務局人権部  電話03-5388-2588 FAX03-5388-1266まで

 

※入場無料、当日会場先着順、事前申込不要。 

※手話通訳及びパソコン要約筆記を実施。

問い合わせ先:

東京都総務局人権部人権施策推進課  電話03-5388-2588

東京都法務局人権擁護部  電話03-5213-1366

文京区総務部総務課ダイバーシティ推進担当  電話03-5803-1187 

 

詳細はこちらのチラシをご覧下さい。(PDFファイル; 1107KB) 

 

東京都のホームページ はこちらから

 

《犯罪被害者週間》

-思いやり あなたと 地域と 社会から- 11月25日から12月1日は犯罪被害者週間です。 

犯罪被害者週間は、当該期間における集中的な啓発事業等の実施を通じて、犯罪被害者等が置かれている状況や犯罪被害者等の名誉又は生活の平穏への配慮の重要性等について、理解を深めることを目的として設定されています。

犯罪被害者等簡易相談 (終了しました)

 

平成28年11月25日(金曜日) 10:00~12:00 、13:00~15:00

場所:シビックセンター小ホールホワイエ内特設ブース

協力)富坂警察署、本富士警察署、大塚警察署、駒込警察署

《人権週間》みんなで築こう人権の世紀

-考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心- 12月4日から10日は人権週間です。

「世界人権宣言」は、基本的人権及び自由を尊重し確保するために、世界のすべての人々とすべての国々とが達成すべき共通の基準として、昭和23年(1948年)12月10日の国際連合総会において採択されました。

国際連合は、世界人権宣言採択を記念して、採択日の12月10日を「人権デー(Human Rights Day)」と定め、加盟国に対し、人権擁護活動を推進するための各種行事を実施するよう要請してます。

日本では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年(1949年)から毎年12月10日の人権デーを最終日とする1週間を人権週間と定め、世界人権宣言の意義を訴えるとともに人権尊重思想の普及高揚のための啓発活動を全国的に展開しています。

講演と映画の集い in 目黒(終了しました)

日時:平成28年12月2日(金曜日)午後2時00分から午後5時20分まで

会場:目黒区中小企業センターホール(目黒区民センター内)目黒区目黒2-4-36

講演:坂東眞理子氏(昭和女子大学理事長・総長)「女性が輝く社会―女性活躍4.0時代―」

映画:大統領の料理人(2012年フランス映画・上映時間95分)

定員:417人

入場無料、先着順、託児室(要事前予約。11月28日(月曜日)17時〆切)

手話通訳、要約筆記有、映画は日本語字幕付き及び日本語吹き替えで上映

問い合わせ:東京都総務局人権部人権施策推進課電話03-5388-2588

 

3会場

講演と映画の集い in 小金井(終了しました) 

日時:平成28年12月10日(土曜日)午後1時30分から午後5時まで

会場:小金井宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)大ホール 小金井市本町6-14-45

講演:講師KONISHIKI氏(タレント・アーティスト・元大関)「KONISHIKIが見た日本」

映画:パディントン(2014年イギリス映画・上映時間95分)

定員:469人

入場無料、先着順、託児室(要事前予約。12月5日(月曜日)17時〆切)

手話通訳、要約筆記有、映画は日本語字幕付き及び日本語吹き替えで上映

問い合わせ:東京都総務局人権部人権施策推進課電話03-5388-2588

 

夜間人権ホットライン(終了しました)

日時:平成28年12月8日(木曜日)午後5時から午後8時まで

内容:弁護士による電話法律相談(秘密厳守) 相談は10分程度

電話番号:03-5824-9620、03-5824-9621

問い合わせ:公益財団法人東京都人権啓発センター

電話:03-3871-0212

人権週間強調事項

  • 女性の人権を守ろう
  • 子どもの人権を守ろう
  • 高齢者を大切にする心を育てよう
  • 障害のある人の自立と社会参加を進めよう
  • 同和問題に関する偏見や差別をなくそう
  • アイヌの人々に対する理解を深めよう
  • 外国人の人権を尊重しよう
  • HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
  • 刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
  • 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
  • インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
  • 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
  • ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
  • 性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 性同一性障害を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 人身取引をなくそう
  • 東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

過去の人権週間行事

平成27年度 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

総務課ダイバーシティ推進担当

電話番号:03-5803-1187

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.