文京区議会
文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 産業振興協働
  • 区政情報
ホーム>文京区議会>区議会トピックス>平成26年5月から通年議会がスタートします!

平成26年5月から通年議会がスタートします!

更新日 2014年03月27日

これまで、文京区議会は区民に開かれた議会を目指し、議会改革に向けた取組や検討を進めてきました。その一つとして、今年5月から、会期をほぼ1年間とする「通年議会」をスタートします。

通年議会導入までの経緯について

文京区議会では、平成24年6月に、議会活性化等について協議するため、副議長を座長とし、交渉会派(3人以上の会派)の幹事長で構成する「今後の議会運営に係る懇談会」(議長はオブザーバーとして参加)を設置しました。懇談会は、26年3月までに37回開催し、通年議会の導入についても、この懇談会の中で協議を重ねてきました。

25年には、通年議会の本格実施を見据え、区議会が閉会中の4月、7月、8月に常任委員会を開催し、開催状況についての検証及び区長部局との協議を進めました。

その結果、平成26年第1回定例会において、関係条例の改正及び実施要綱の制定を行い、5月から通年議会を実施することとなりました。

通年議会の目的

通年議会とすることで、議長が必要に応じ、本会議を随時再開できるため、突発的な災害や、緊急を要する行政課題等の発生にも迅速に対応することができます。

通年議会の流れ

毎年5月に区長の招集により開く「招集議会」で、翌年4月までを会期とする定例会が始まります。定例会中は、議長が6月、9月、11月、2月に「定例議会」を、必要に応じて、「臨時議会」を開きます。

また、常任委員会を定例議会中だけでなく、定例議会のない月にも開催することで、区政の報告をタイムリーに受け、質疑を行っていきます。

文京区議会通年議会の流れ(図解)(PDFファイル; 261KB)

費用弁償の額の見直し

通年議会を実施することで、委員会などの開催回数が増えることにより、議員の費用弁償額が増加するため、「今後の議会運営に係る懇談会」で費用弁償の額の見直しを協議しました。

見直しに当たっては、各会派から、現状を維持すべき、廃止すべきなど、額の妥当性についての様々な意見が出されましたが、現在の厳しい社会経済情勢や他の地方議会の状況などを考慮し、一定程度の減額が必要との認識で一致し、現行の日額4,000円から1,000円減額し、3,000円(公用車を利用した場合は、1,000円)にしました。

これにより、過去5年の平均額と比べ、年額で約116万円減額することができます。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター23階南側

区議会事務局議事調査担当

電話番号:03-5803-1313~4

FAX:03-5803-1370

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.