文京区中学生俳句大会

更新日 2016年11月30日

中学生を対象に、年に1回俳句作品を募集します。季節の言葉(季語)を一つ取り入れ、学校生活や日々の喜び・発見などを自由に5・7・5で表現してみましょう。

※詳細は(公財)文京アカデミー学習推進係03-5803-1119へお問い合わせください。

お問い合わせ先 

〒112-0003東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター地下1階

公益財団法人文京アカデミー学習推進係

電話番号:03-5803-1119

FAX:03-5803-1341

平成27年度 文京区中学生俳句大会 特選・入選作品発表

多くの作品をご応募いただき誠にありがとうございました。審査の結果、合計976句の中から特選(10句)及び入選(19句)が選ばれました。

佐怒賀正美 選 

特選 学校 入賞者 
炎つれ朝日がのぼる雪山へ 第八中 相田 由衣
秋の空小さい命がめぐってく 第九中 関本 鼓太
大晦日家族みんなで笑いあう 第八中 伊藤 直哉
祖父の家窓からのぞく雪だるま 第三中 松澤 亜海
冬支度イーハトーブが広がって 桜蔭中 算 路加
入選 学校 入賞者
雪の中さみしさまじるハレーション 第三中 堀井 見久里
歌声が風にさそわれ秋の空 第三中 緑川 元輝
うすぐらい空にきえてく白い息 第三中 足立 悠馬
人と葉を笑顔に染める紅葉かな 第九中 小池 結子
寒椿白い世界に咲きほこる 第三中 津末 悠乃
どこよりも秋を感じた坂の上 第九中 田中 萌
八ヶ岳きのこと木の実のパレードだ 第九中 高野 太貴
雪だるま雪に吹かれてうもれてた 第九中 相馬 悟
気分屋な私と同じ時雨かな 第九中 佐竹 奏
この冬は離れた人を懐かしむ 本郷台中 村田 愛華

松澤雅世 選

特選 学校  入賞者
秋の空飛び立てそうな舞台かな 第九中 森 丈彦
白球と白い吐息がまざりけり 第三中 杉山 竜太郎
冬支度イーハトーブが広がって 桜蔭中 算 路加
手を広げ冬の便りを受け取った 第九中 石川 恵理奈
こもれびの天使のはしご秋の朝 第九中 寄金 良圭
入選 学校 入賞者
「ようこそ」と秋へ導く草木たち 第九中 武田 千彩
赤とんぼ秋の始まり覚えてる 第九中 川村 美月
気分屋な私と同じ時雨かな 第九中 佐竹 奏
雪がふるきっとエルサの魔法だよ 第九中 西田 一暉
清水の秋めく風は歴史なり 第九中 中川 一樹
夢に向かう彼らはまるでオリオン座 本郷台中 池野 祥子
夕やけが文京のまちを照らしてる 第三中 津末 悠乃
待ち合わせ来るのは天使か粉雪か 第三中 小林 健太郎
秋の雨天地一新明らかな 第八中 厳 森浩
 

<松澤雅世 総評>

平成二十七年度の応募作品では、修学旅行の折の所産が目に付きました。他には、部活や学校生活の一コマをはじめ、日常の季節の推移を良く感取されています。第一位の御作は、清水の舞台の感動が素直に描かれたものです。第二位は、野球の試合かしら、「白い吐息」が巧み。第三位から第五位は、感覚を上手く捉えていました。季節の言葉は一句に一つに絞って思い付いたら書き止めて。小さな俳句手帳を持って戴けると嬉しい!
 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

アカデミー推進課文化事業係

電話番号:03‐5803‐1120

FAX:03‐5803‐1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.