文の京文芸賞

更新日 2010年11月19日

文の京文芸賞

明治期以来、多くの文人が住まい、活躍し、近代文学発展の舞台となってきた文の京(ふみのみやこ)ぶんきょう。文学を愛し、創造しようとする全国のみなさんにとって、新たなる作品創造への足掛かりとなることを願い、平成14年に文の京(ふみのみやこ)文芸賞を創設いたしました。

文の京文芸賞 休止について

文の京文芸賞は、第四回をもって休止いたします。

「文の京文芸賞~ふりかえる4回のあゆみ~」を開催します(終了いたしました)

過去4回にわたり実施された「文の京文芸賞」
最優秀賞受賞作品をはじめ、当時のポスター、パンフレットなどを展示します。
また、過去4回の受賞作品の販売も行います。どうぞご来場ください。

 

日時:平成22年4月19日(月曜日)~23日(金曜日)
午前10時~午後5時(初日は午後1時から)
場所:Bunkyoアンテナスポット(文京シビックセンター1階)

文の京文芸賞 ふりかえる4回のあゆみ 開催チラシ

文の京文芸賞~ふりかえる4回のあゆみ~チラシ(PDFファイル; 134KB)

第四回文の京文芸賞表彰式が行われました

第四回文の京文芸賞には、全国から435点の作品のご応募をいただきました。
第一次選考を24作品が、第二次選考を5作品がそれぞれ通過し、平成21年9月8日に行われた最終選考会において最優秀賞受賞作が決定いたしました。

最優秀賞には、神奈川県在住の竹本喜美子氏の小説「甕(かめ)の鈴虫」が選ばれ、平成22年2月2日に東京ドームホテルで授賞式が開催され、賞金100万円ならびに副賞が授与されました。あわせて文の京ぶんきょうを全国に発信するという文芸賞の趣旨とともに、優れた作品をいつまでも読み続けていただくため、株式会社講談社のご協力により発刊された単行本のお披露目もあり、和やかな雰囲気のなか喜びあふれる授賞式となりました。

※単行本化にあたり改題、及び作者名を本名へ変更しております

 

第四回文の京文芸賞表彰式の様子

 

第四回文の京文芸賞受賞者決定パンフレット
受賞者の言葉あらすじ選考委員選評(PDFファイル;392KB)

これまでの受賞作品

これまでの最優秀賞受賞作は、全国の書店で販売しているほか、区内図書館でも貸出しています。

これまでの受賞作品

文の京文芸賞の経緯・特徴

経緯・特徴について

選考委員の紹介

文壇等各方面でご活躍中の、本区にゆかりのある方々が選考にあたります。

選考委員の紹介

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

アカデミー推進課文化事業係

電話番号:03‐5803‐1120

FAX:03‐5803‐1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.