住宅用家屋証明に関すること

更新日 2018年02月14日

1住宅用の家屋を新築又は取得した場合は、所有権の保存や移転等の登記を行うことになります。

登記の際には、登録免許税がかかりますが、区が発行する「住宅用家屋証明」を添付すると、登録免許税が軽減されます。交付にあたっては、一定の要件に該当することが必要です。

2軽減される税率

軽減される税率表

登記の種類

標準税率

軽減後税率

(1)所有権保存登記

自分が新築した場合または新築家屋を購入した場合

4 / 1000

1.5 / 1000

(2)所有権移転登記

中古建築物を購入した場合

20 / 1000

3 / 1000

(3)抵当権設定登記

住宅資金の貸付け等の抵当権を設定する場合

4 / 1000

1 / 1000

※特定認定長期優良住宅と認定低炭素住宅は上記の(1)、(2)の軽減後税率が異なります。
※特定の増改築がされた家屋の所有権の移転登記を行う場合の軽減後税率 1 / 1000
(宅地建物取引業者から取得したもの)

 

住宅用家屋証明を申請できる要件は、次のとおりです。

住宅家屋証明申請の要件

区分

自分が建築主として新築した場合

(保存登記)

新築後未使用の家屋を購入した場合(建売住宅、新築分譲マンション)

(保存登記)

既存の家屋を購入した場合

(中古住宅、中古マンション)

(移転登記)

個別の要件

建築後1年以内の家屋

取得後1年以内の家屋

取得後1年以内の家屋

家屋の建築後年数の範囲

  • 耐火構造建物(鉄筋コンクリート、鉄骨造等)25年以内
  • それ以外のもの20年以内

※ただし、建築士等が発行した新耐震基準を満たす証明書((1)耐震基準適合証明(住宅取得の日前2年以内に証明のための調査が終わっているもの)・(2)住宅性能評価書の写し(住宅取得の日前2年以内に評価されたもの)・(3)既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類(「保険付保証明書」:住宅取得の日前2年以内に締結されたもの)があるものは、経過年数を問いません。


取得原因は、売買又は競落に限ります。

共通の要件

  • 個人が、ご自身で住むための住宅であること。
  • 登記簿上の床面積が50平方メートル以上であること。
  • 登記簿上「居宅」となっていること。(店舗等の併用住宅の場合は、その家屋の床面積の90%を超える部分が専用住宅であることが必要です。必要書類については、後記「※その他の添付書類等」の(2)併用住宅の場合を参照)
  • 区分所有される建築物は、建築基準法上の耐火または準耐火建築物であること。

4申請方法と申請書類

「住宅用家屋証明申請書」及び「住宅用家屋証明書」に必要事項を同一内容で記入し、必要書類を添付の上、都市計画部建築指導課(文京シビックセンター18階)に申請してください。

5申請に必要な添付書類

※◎印は提出書類(お返しできません)○印は確認(提示)書類(内容確認後、お返しします)

必要添付書類一覧表

 

自分が新築した場合

(保存登記)

新築家屋を購入した場合

(保存登記)

中古家屋を購入した場合

(移転登記)

転入済

未転入

転入済

未転入

転入済

未転入

建築確認済証及び検査済証

 

 

表示登記済証または登記簿謄本
(登記申請受領証と登記完了証でも可)

住民票の写し

売買契約書または譲渡証明書

 

 

家屋未使用証明書(原本)

 

 

 

 

 

申立書(申請人本人署名・印)

 

 

 

 

現在お住まいの家屋を処分する証明書類

 

 

 

 

 

 

申請建物に未転入の場合

現在のお住まいの処分方法

売却の場合:売買契約書(写し)

 

 

 

賃貸の場合:賃貸借契約書(写し)

 

 

 

社宅等の場合:社宅に入居していることを証明する書類

 

 

 

親族等と同居している場合:親族の申立書

 

 

 

※申請建物に未転入の場合

原則として、申請建物に転入した後で住宅用家屋証明の申請をしていただくことになります。ただし、「抵当権の設定」「前住人が未退出」「病気療養中」の場合は、未転入でも申請できます。

この場合、申立書の入居予定日までの期間は、2週間程度が目安です。

申請建物に未転入の場合は、上記の表の「申請建物に未転入の場合」の書類が必要になります。

※その他の添付書類等

  1. 抵当権設定登記に使用する場合
    家屋の新築、取得にかかる保存登記、移転登記完了後に抵当権設定登記に使用する「住宅用家屋証明書」を申請されるときは、住民票、家屋の登記簿謄本、金銭消費貸借契約書又は抵当権設定契約書が必要となります。
  2. 併用住宅の場合
    併用住宅(例:居宅と店舗、居宅と事務所など)の場合は、床面積の算定証明書の原本(土地家屋調査士などが発行)が必要です。
  3. 確認済証の建築主以外の方が所有者となる場合
    新築家屋で、確認済証の建築主以外の方が所有者となる場合は、上申書(表示登記申請に使用するもの)の写しを添付してください。
  4. 所有権の移転登記に係る軽減措置は「取得原因を売買または競落に限る」とされています。
  5. 特定認定長期優良住宅、または認定低炭素住宅の所有権の保存登記、移転登記の場合
    特定認定長期優良住宅の認定通知書、または認定低炭素住宅の認定通知書(写し可)が必要です。
    ※内容確認後、お返しします。
  6. 特定の増改築がされた家屋の所有権の移転登記の場合(宅地建物取引業者から取得したもの)
    増改築等工事証明書(原本)が必要です。 

6手数料

1件1,300円

7その他

1.郵送による証明書の発行は行っておりません。

2.「住宅用家屋証明書」の再発行はしておりません。

3.認定長期優良住宅の場合は、所得税の住宅ローン控除の手続き時に

    「住宅用家屋証明書」が必要となりますので写しをとっておいてください。 

4.申請件数が10件以上となる場合は、事前に担当までご連絡ください。

8申請書様式一覧

住宅用家屋証明申請書・証明書(PDFファイル; 172KB)

住宅用家屋証明申請書・証明書(Wordファイル; 74KB)

親族等の証明書(PDFファイル; 56KB)

申立書(PDFファイル; 76KB)

増改築等工事証明書(PDFファイル; 245KB)

増改築等工事証明書(Wordファイル; 115KB) 

住宅用家屋証明のご案内

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター18階南側

建築指導課事務担当

電話番号:03-5803-1262

FAX:03-5803-1363

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.