平成29年度自然散策会第二回目(六義園)

更新日 2018年04月18日

平成30年3月11日(日曜日)に六義園にて実施した、春の自然散策会の様子です。

 

スタート地点は「正門」です。参加者の方々にお集まりいただきました。

正門に集合している様子 

 

まず初めに向かったのは、正門から入ってすぐの場所にある石碑です。

この石碑は、昭和13年に岩崎彌太郎氏から東京市(都)に六義園が寄付された功績を残したものです。

 

 

岩崎氏の功績を残した石碑1 岩崎氏の功績を残した石碑2

 

内庭大門をくぐって向かったのは、「しだれ桜」です。

 

 

門をくぐっている様子 しだれ桜の様子

 

このしだれ桜は、樹齢70年と言われているそうですが、木の幹が3株仕立てになっているため、実際には200年程の樹齢に見えるそうです。

 

続いて訪れたのは、「滝見茶屋」です。

あずまやからは、滝の澄んだ音や、きれいな景色が楽しめます。

 

滝見茶屋の看板 滝見茶屋の様子

 

渓流の様子

 

さて、六義園内では、街路樹や公園などでよく見かける「つつじ」が、建物に活用されています。

 

こちらが、つつじの古木材を用いて建てられた「つつじ茶屋」です。 

 

つつじ茶屋 

 

最後に向かったのは、「藤代峠」です。

園内で一番高い築山で、標高は35mです。藤代峠から見える景色は、視界を遮るものがなく、素晴らしい展望でした。

 

 

藤代峠から見た景色 

 

また、今回の自然散策会で、ある発見がありました。

それは、昭和30年代後半に東京都によって撮影された昔の写真の場所が分からなかったのですが、現在の六義園北側の染井門側から見た山陰橋付近の写真であるということです。

 

昔の写真と現在の写真 

 

六義園を訪れた際には、昔と今の風景を見比べてみてください。

 

最後に、参加者の方から頂いた質問と、その回答をご紹介します。

 <質問>

    江戸城にも、六義園のように池や石もある大名庭園はあったのでしょうか?

 <回答>

    江戸城には、江戸城二の丸御殿庭園があり、今日では皇居東御苑二の丸庭園として一般公開されて

   います。

    参考:宮内庁ホームページ 

 

桜の開花には少し早い時期でしたが、天候もよく、温かい雰囲気での散策会となりました。

講師の高橋さん、参加された皆様、ありがとうございました。 

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター19階北側

みどり公園課緑化係

電話番号:03-5803-1254

FAX:03-5803-1361

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.