教育の森公園

更新日 2016年11月16日

概要

旧東京教育大学(現在の筑波大学)の跡地に、昭和61年に開園しました。都心に位置する文京区において、緑ゆたかなこの公園は、日ごろから、区民の憩いの場となっているとともに、防災機能を持っています。

水と緑の防災公園 

中央部には、避難場所となる自由広場があり、隣接する文京スポーツセンターとともに、救援活動に使用されます。また、消防用に池や地下貯水槽などの水資源設備を充実させています。このほか、防災機能を持たせるために、緊急車両等が通りやすい、幅が広く直線状の園路や、延焼を防ぐための防火樹林帯が設けられています。

ゆたかな緑と憩いの場 

自由広場のまわりには、夏季のじゃぶじゃぶ池や緑濃い樹林帯、山岳風の景観の林間広場、二つの半月池や石張りの正門広場があり、桜並木も見事です。また、「文京区非核平和都市宣言」を記念する彫刻を始めとして3点の彫刻があります。さらに、隣接して元の守山藩の上屋敷跡であった、斜面地を利用した自然豊かな占春園があります。ここは筑波大学附属小学校の自然観察の場となっていますが、文京区が維持管理を行い一般に開放しています。

ユリノキ並木の写真じゃぶじゃぶ池と遊具の写真

利用メモ

自由広場

少年野球、ゲートボール利用

  • 有料
  • 利用時間
    4月~10月:午前6時から午前10時まで
    11月~3月:午前6時30分から午前10時30分まで
  • 利用をご希望の方は、みどり公園課にお問い合わせください。

一般開放

少年野球及びゲートボール、その他のイベント等の使用がない時間帯は、一般開放されています。

(一般開放時には球技はできませんので、大塚窪町公園等の球技場をご利用ください)

 

ひろばの写真

教育の森を楽しむ

春の御衣黄(ギョイコウ)桜

専門家の鑑定により、御衣黄(ギョイコウ)と判明した珍しい桜の木があります。花は淡い黄緑色の八重咲です。また、播磨坂(小石川4-22)には御衣黄との見分けが非常に難しい鬱金(ウコン)があります。

桜の季節、いろいろな桜を比べるのも楽しいかもしれません。左下が御衣黄(ギョイコウ)、右下が鬱金(ウコン)の写真です。

ギョウイコウの花の写真ウコンの花の写真

夏のじゃぶじゃぶ池

水遊びができるよう、子どもたちに開放しています。

詳しい日程は、7月上旬頃、区報にてお知らせします。

  • 時期:7月中旬から9月中旬頃
  • 時間:午前10時から午後4時まで
  • 休止日:毎週木曜日(清掃のため)
    大雨等の場合、施設が使用できなくなります。また、予告なく休止することがあります。

じゃぶじゃぶ池の写真

秋の紅葉とドングリ

紅葉

公園には、カツラ、ユリノキ、ケヤキなど、落葉樹の大きな木があります。

11月頃、葉は、薄い黄緑色、黄色や赤など、美しく染まります。

この公園で見られる紅葉を下のPDFファイルで紹介しています。

秋をみつけよう!~教育の森公園~(PDFファイル; 326KB)

水飲みの写真

ドングリ

紅葉と同じ時期、シラカシやマテバシイのドングリを拾うことができます。

ドングリの写真

 

彫刻たち

公園の中には、3つの彫刻が展示されています。

ここでは、3つのうちの1つを紹介します。

下の写真は、朝倉響子作「フィオーナとアリアン」です。

彫刻「フィオーナとアリアン」(朝倉響子作)の写真

ふたりの女性が座るベンチ。その間に腰かけると、ふたりがこちらを向いています。どちらが「フィオーナ」で、どちらが「アリアン」なのでしょう?実は、どちらも「フィオーナ」であり、「アリアン」です。人は、「自分の知っている自分」と、「自分の知らない自分」の二人が存在するのです。

アクセス

所在地:文京区大塚3-29

地下鉄丸の内線「茗荷谷」駅徒歩3分

周辺地図

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター19階北側

みどり公園課

電話番号:03-5803-1252

FAX:03-5803-1361

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.