新エネルギー・省エネルギー

更新日 2016年05月12日
平成28年度・前期 文京区新エネルギー・省エネルギー機器に関する助成

前期パンフレットの配布について 

平成28年度・前期 文京区新エネルギー・省エネルギー機器に関する助成のご案内パンフレット(PDFファイル; 3033KB)は、5月12日(木曜日)より 環境政策課の窓口、地域活動センター、図書館、交流館等で配布しています。

平成28年度・前期 文京区新エネルギー・省エネルギー機器に関する助成のご案内

申請期間:平成28年5月16日(月曜日)~6月30日(木曜日)受付時間8時30分~17時15分(土日祝日を除く)

※下記の表の助成対象の種類を選択すると、各助成のご案内のページが開きます。

28前期 新エネルギー・省エネルギー機器に関する助成案内

種類

助成対象機器の要件

 

助成金額

募集件数

助成対象者

個人 管理組合
法人
中小企業

一般財団法人電気安全環境研究所の太陽電池モジュール認証を受けた機器
又はそれと同等であると区が認める機器

10万円/kW
(上限30万円)

18

-

太陽熱温水器

一般財団法人ベターリビングの優良住宅部品【BL部品】認定を受けた機器

9千円/平方メートル(上限5万円)

1

-

-

 ◎

 -

 -

CO2冷媒
ヒートポンプ給湯器
(エコキュート)

CO2冷媒を使用している給湯器で、日本工業規格JIS C 9220の年間給湯(保温)効率【JIS】が3.1以上であるもの。
風呂保温(フルオート)機能ありは2.7以上、240L未満の小容量タイプ(一体型含む)・多缶式タイプ(薄缶2缶等)・多機能タイプについては、2.4以上であるもの。
又はそれと同等であると区が認める機器

10万円/台

10

 ◎

 -

家庭用燃料電池
(エネファーム)

一般社団法人燃料電池普及促進協会【FCA】認定機器であること。
又はそれと同等であると区が認める機器

 20万円/台 30

 ◎

 -

 ◎

 

 太陽光発電システムもしくは家庭用燃料電池と常時接続するリチウムイオン蓄電池、インバーター及び充電器等により構成されるシステム。

(1) 太陽光発電システム(既に設置されている太陽光発電システムを含む)に常時接続する場合は、環境共創イニシアチブの対象機器であるリチウムイオン蓄電システム、または、区が同等と認めた機器。

(2) 家庭用燃料電池(既に設置されている家庭用燃料電池を含む)に常時接続する場合は、家庭用燃料電池専用の停電対応リチウムイオン蓄電システム(太陽光発電システム等と併用不可)であり、電力会社から供給される電力を蓄電し停電時に家庭用燃料電池システムを起動し発電させることができるもの。

 

 1万円/kWh

(上限10万円)

 15

太陽光発電システムまたは家庭用燃料電池に接続する場合に限る 

太陽光発電システムに接続する場合に限る 

家庭用燃料電池に接続する場合に限る 

条件・注意事項

  • 先着順ではありません。申請期間内の応募件数が募集件数を超えますと、抽選になる場合があります。(応募時点での区民の方が優先の抽選となります。)
  • 申請前に対象機器であるかご確認ください。機器はすべて未使用品に限ります。(リースは対象外です。)また、申請時点で、設置工事が未着工であることが必要です。
  • 各種類【太陽光発電システム、環境配慮型給湯器、家庭用燃料電池、家庭用蓄電システム】の併用は可能です。ただし、環境配慮型給湯器内の重複申請はできません。
  • 助成は同一住宅につき、各種類1回限りのため、過去に助成を受けていないことをご確認ください。(同一住宅で、別世帯の場合は、ご相談ください。)
  • 平成28年10月7日(金曜日)までに報告書類を提出することが必要です。※各助成のページの「申請から助成金受取りまでの流れ」をご確認ください。
  • 提出書類の内容や記述に偽りがある場合は、助成決定が取り消しとなります。ご注意ください。
  • 助成決定後、申請した機器の型式や太陽電池モジュールの設置枚数などを変更する場合は、「変更届」が必要となりますので、着工前に必ずご相談ください。
  • 申請書類(添付書類を含む)に不備がある場合は、受理せず書類をお返しして、再度来ていただくこともあります。予めご了承ください。
  • 郵送でのお申込みは受け付けません。原則として申請者本人(またはご家族)が、ご持参ください。※申請者本人またはご家族の方以外が代理で持参する場合は、委任状を持参ください。

 

申請の最終日は混み合うことが予想されますので、お早めに申請されることをお勧めします。

尚、申請書類の確認には時間がかかります。また、窓口が混み合っている場合などはお待たせすることもあります。予めご了承ください。 

消費者トラブルについて

悪質なセールスにご注意ください。「不審な事業者の訪問があった」「高額な契約をしてしまったが解約したい」等の消費者トラブルは消費生活センターまで電話もしくは来所にてご相談ください。

消費者トラブルについてのお問い合わせ先

文京区消費生活センター 電話:03‐5803‐1106(相談専用)
文京シビックセンター地下2階

相談受付時間9時30分~16時00分(月曜日~金曜日 ※祝日・年末年始を除く)

※  助成制度自体に関する相談はできません。

ご協力のお願い

この助成制度を利用した方には、今後の地球温暖化対策の参考として、データ提供や報告時のアンケート等を依頼することがありますので、予めご了承のうえ、申請してください。

その他の制度

※併用は可能ですが、助成金の合計額が対象経費を上回ることはできません。

国等の各補助金は、下記へお問い合わせください。

国の補助制度

 家庭用燃料電池(エネファーム)補助事業制度についてのお問い合わせ先

詳細は一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)ホームページへ(外部ページにリンクします)

 

都の補助制度

都の補助制度についてのお問い合わせ先

詳細は公益財団法人 東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)ホームページへ(外部ページにリンクします)

東京都「屋根ぢから」ソーラープロジェクト

詳細は東京都環境局「TOKYO太陽エネルギーポータルサイト」(外部ページにリンクします)

平成28年度・前期 環境配慮型給湯器・家庭用燃料電池設置費助成  
 
環境配慮型,家庭用燃料電池,エネファーム,エコキュート,給湯器,
2016年05月12日 08時30分
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階南側

環境政策課環境調整係

電話番号:03-5803-1259

FAX:03-5803-1362

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.