• ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 観光・産業 地域活動
  • 区政情報
ホーム>防災・まちづくり・環境>防災・防犯>防災>その他>防災関係機関リンク>平成25年8月30日より気象庁が「特別警報」の運用を開始しました。
 
 

平成25年8月30日より気象庁が「特別警報」の運用を開始しました。

更新日 2013年10月25日

「特別警報」とは

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかけます。

気象庁HP「特別警報」 (外部ページにリンクします)

「特別警報」が対象とする現象

18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風12号」の豪雨等が該当します。

文京区に「特別警報」が発表されたら

文京区に特別警報が出た場合、文京区は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や文京区から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

文京区の「特別警報」発表基準値

注1)「50年に一度の値」の欄の値は、気象庁が各市区町村にかかる5km格子の50年に一度の値の平均値をとったものです。

注2)土壌雨量指数の警報基準の値は、平成25年7月時点の値です。

 

文京区の「特別警報」発表基準値

50年に一度の値 

 48時間降水量(mm) 3時間降水量(mm)  土壌雨量指数 
379   163  259

 

※特別警報が発表されないからといって安心することは禁物です。特別警報の運用開始以降も、警報や注意報は、これまでどおり発表されます。大雨等においては、時間を追って段階的に発表される気象情報、注意報、警報を活用して、早め早めの行動をとることが大切です。

※文京区に特別警報が発表された場合、会議室等の貸し出しは全て中止となりますので、利用料は返金いたします。

※文京区の警報・注意報の発表基準は以下のとおりです。

文京区の警報・注意報基準一覧表(気象庁発表)(PDFファイル; 60KB)

「文の京」安心・防災メールをご活用ください

区では、地震・大雨等の防災情報を区民の皆さまへより迅速、適切に伝えるため、「文の京」安心・防災メールの配信を行っています。この情報はすべて無料(※)で配信しておりますので、災害への備えとしてお役立てください。

※メール総受信および詳細情報閲覧にかかる通信費用は、利用者への負担になります。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター15階北側

危機管理室防災課

電話番号:03-5803-1179

FAX:03-5803-1344

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.